IT化が必要でないケースと必要なケース。IT化する場合に注意すべき3つのポイント

IT化、ITによる効率化といいますが、何が何でもIT化しなければいけないというわけではありません。
It

仕事でIT化が必要でないケース

時代の流れだから・・・みんなやっているから・・・と仕事のIT化を進めざるを得ない雰囲気もありますが、特に必要がないケースもあるでしょう。

・お金が豊富にある→人を雇って人海戦術ができ、残業代を払うのも苦でない
・時間がある→人を雇って任せているので、自由な時間はある
・仕事はそつなくこなせている
・顧客からIT化の要望もない
・ITが嫌い、苦手。
・電卓、暗算、手書き、入力が得意
・紙の書類を保管するスペースが十分ある→ペーパーレスの必要なし
・電話をとってくれるスタッフが常駐している
・ネット上の情報は必要なく、新聞、TV、ラジオで十分。
・若いスタッフがいない
・HPがなくても顧客には困らない

こういった場合は無理に苦手なITをやらなくていいと思うのです。

ただ、「わからない」からといって使わないのはNGでしょうね。

そして、若い世代も従来のやり方でしばるのはよくないと思っています。

自分がITに強くならなくても、会社全体でIT化を進めることはできるはずです。

仕事でIT化が必要なケース

一方で、こういった場合にはIT化に挑戦してみましょう。

・ITに興味がある
・コストを下げたい
・時間を短縮したい
・ミスをなくしたい
・人を雇わず少人数で仕事をしたい。固定費をかけずにリスクのないビジネスをしたい
・新聞、TVの画一化された情報ではなく、ネット上の情報は大事
・新しいことをやっていきたい
・仕事を改善するにはITしかないと思う
・ITが気になる
・IT化していないことに気後れする
・顧客からの要望も多い
・紙をなくしてストレスを減らしたい、管理コストを減らしたい
・移動中でも外出先でも、どこでも仕事ができるようにしたい
・ネット上の集客をやってみたい


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


「IT化ってどうなんだろう?、効果あるのかな」とちょっとでも思うのならば、やってみるべきです。
やらずに判断するのは、仕事というより人生の上で禁止すべきでしょう。
(まったく興味ないものを除く)

IT化を進めるときの注意点

IT化を進めるときは、次のような点に注意しましょう。

1 ぼったくりに気をつける

全部が全部というわけではありませんが、システム会社がすすめるPCやサーバーなどは注意です。
特に業界向け(美容業界、税理士業界向けなど)のものは、市場の価格と比較しましょう。
ソフトと一体になっているPC、業務用ソフト専用PCも高いですね。
性能も低く、価格も高かった昔の名残でしょう。
普通にPCを家電量販店で買った方が安く高性能なケースが多いです。

保守料、安心保証といったものも、無駄につける必要はありません。
PCは消耗品費ですし、1年〜2年に一度買い替えるべきものです。その期間にこわれる可能性は低いでしょう。
そのためのコストを保守料という形で払うのは無駄です。

リースもやめておきましょう。
リース期間中に、ITは進化するからです。
もっと便利なモノが出てきても切り替えられません。
そういう私も、失敗しました。
多少詳しいはずの私でも独立間際のいろいろ(不安や見栄)で失敗するものです^^;
リース料だけ払い続けつつ、切り替えましたけどね。
1994 忌まわしき記憶とともにリース機器返却ー独立・起業時にやりがちな失敗

周りの詳しい友人に聞いてみるというのも1つの手でしょう。
(私はIT化の相談に乗ることも多いです。仕事にもしてますが)
うちのブログでも右上の検索窓で検索してみてください。

2 最新のものを買ってみる

気になるもの、たとえば、PCやスマホ、スキャナーなど最新のものを買ってみましょう。
使ってみないとわかりませんし、古いものを安く手に入れようとするとかえって高くつきます。
最新のものの方が初心者には使いやすいケースも多いです。

3 ITに人間が適応するものと考える

人間とIT、コンピュータはどちらが優れていると思いますか?
適応能力でいえば、人間のほうが優れているはずです。
ITが万能で、こちらの意図をくみ取ってくれるようになるのは、まだ十数年が必要でしょう。
人間がITに適用しなければいけません。
新しいソフト、新しいPC、新しい操作、これらを楽しめるようになればIT化はずっと進みます。

4 ググる、調べる

ググったり(ネットで検索したり)、調べたりして、ITの知識を身に付けていきましょう。
知らない語を検索すれば、たいていはネット上にころがっています。

5 タイピングをマスターする

実は、IT化を阻害しているのは、キーボードのタイピングではないかという説があります。

■スポンサードリンク

タイピングがスムーズにできないと、メールを打つのもネットで検索するのもおっくうになりますからね。
(手書きで書いて、「はい、清書して」なんて世界がまだあると聞きます。)

「マウスでかんたんに」「クリックするだけで」というのは、ITへの抵抗をなくす一方で、人間のIT適応力をそいでいる気もします。

音声認識もずいぶんと使いやすくなっていますが、やはりこの先もタイピングは必要でしょう。

・キーボードを見ながら打たない
・ホームポジションを守る
・10本の指で決められたキーを押す
・スニペットツールをうまく使う
※スニペットツールはこちらの記事を参考にしてください。
PCの日本語入力を楽にできる設定・サービスー単語登録・ATOK・PhraseExpressー | EX-IT

・練習する
といったことが大事です。

練習にはタイピングゲームがばかになりません。
定番だとこの辺ですね。

本ならこれがおすすめです。
絶版でプレミアがついていますが、今だと比較的値段は落ち着いています。
以前、お客様にもすすめてみて、「効果ありました!」とうれしい声をいただきました。
短文4つがうまく10本の指を使うように考えられていて、基礎の勉強になります。





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日は午後から、Excel資金繰りセミナーと税理士事務所IT効率化セミナーを開催。
今回はメルマガ読者向けに開催しました。
資金繰りとIT、今後も広めていきたいと思っています。
次回は、11/9(土)の開催です。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###