自分の意見を先に出す「先出しじゃんけんのすすめ」

後出しじゃんけんならぬ、先出しじゃんけんのトレーニングを続け、習慣にしています。
つらいときもありますが、さまざまな分野で効果的です。
先出しじゃんけん

後出しじゃんけんはご法度

子供のころ、じゃんけんをするときに、「後出しじゃんけん」をすると、かなりもめました。
ときにはけんかになることもあるでしょう。

相手の手(グー、チョキ、パー)を見て、ちょっと遅れて手を出すのは、反則です。
公正にじゃんけんをするなら、同時に出すべきのが、当然といえます。

ブログ、メルマガなどのアウトプットは「先出しじゃんけん」

私はいつも「先出しじゃんけん」という言葉を意識しています。
「後出しじゃんけん」でもなく、「同時」でもありません。

グーと思ったら、グー。チョキを思ったらチョキ。パーと思ったらパーと先に出すのです。
先に出しているわけですから、たとえばグーを出しているときに、パーを出されると負けます。

それでも「先出しじゃんけん」を意識しているのは、自分の成長につながるからです。
ブログやメルマガなど、そして書籍や執筆といったアウトプットは、基本「先出しじゃんけん」です。

「こう思う」「こうすると便利」といったことを、先出しします。
それに対する賛同の声もあるでしょうが、反対・批判も声も当然あるでしょう。
なかには、「こんな簡単なこと書いて」とか「まちがってるじゃん」といわれることもあります。

「後出し」されれば、なんとでも批判される可能性はあるのです。

そういった声をこわがっていては、いつまでたっても情報発信できませんし、自分の成長につながりません。
あえて「先出しじゃんけん」の習慣を続けているのは、怖い反面、それをやっていかなければ自分がなまけますし、成長していていかないからです。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


ネガティブなことを書かない、オブラートに包むこともあるなどといったこともありますが、基本的に基本的に自分の考えを強く押し出すようにしています。

「先出しじゃんけん」をして間違っていたら、修正すればいいのです。
メリットに比べるとささいなことといえます。

そもそも仕事のすべてが「先出しじゃんけん」

情報発信に限らず、仕事のすべてにおいて、「先出しじゃんけん」は有効です。
社内でも、お客様に対しても、「先出し」することは欠かせません。

相手の顔色をうかがってばかりでは、後手後手になってしまいますからね。
自分はこう思う、これがいいと思うことを、先に、積極的に出していくことが大事です。
とかく周りにあわせてしまうことが多いですからね。
(私も独立前はそうでした。)

俗に「提案する」ということが、「先出しじゃんけん」といえるでしょう。

私はブログやメルマガなどでトレーニングしていますが、日々の朝礼や会議でのちょっとした発言でもかまいません。
何か新しいことに挑戦したり、他人と違うことをしたり、試しにやってみたりすることなども「先出しじゃんけん」です。

(会社員のころ、自分の意見はいわず「後出しじゃんけん」で批判ばかりする人は大嫌いでした)

自分の考えのもと、先に行動してその是非を問うという「先出しじゃんけん」。

自分を磨くためにもおすすめです!





■スポンサードリンク
【編集後記】
新しい税務ソフトに切り替えて、早速使っています。
使いやすいところ、そうでないところもありますが、今のところまずまずです。
あとは、無事にインターネット申告ができるかどうかですね。

■スポンサードリンク



■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』