「その都度」が楽で効率的!クレジットカード払いの経理・家計簿

昨日の記事、
税理士・フリーランス・東京都・40歳・♂がやっている効率的な経理 | EX-ITで反響いただいたものの1つがクレジットカードの経理です。
明細を待つよりその都度やるのをオススメしています。


クレジットカードの明細は来るのが遅い

クレジットカードを使って支払うと、その明細が送られてきます。
記録しなくも、明細が残るので非常に便利です。
しかし、その明細が来るのは、だいたい使ってから1ヶ月後。

私が使っているカードは、毎月月末に締め切り、翌月20日に確定、さらに翌月4日に引き落とされます。
(ネットで請求確定前の情報を見ることはできます)

加盟店の処理のタイミングでは、月末の締めに間に合わないことも多いです。

クレジットカード明細の3つのデメリット

クレジットカードの明細は経理・家計簿にとって、次の理由から好ましいことではありません。

遅い

前述のとおり、数字の把握が遅くなります。自分の感覚とずれるのも問題です。
特に経理で、早期の月次決算をやるには致命的な遅れとなります。

経理、家計簿で、大事かつストレスになりうるのは記憶です。
記憶が薄れないうちにやるのが一番ストレスが少ないでしょう。

詳細がわからない

カード明細は、支払先の情報しかありません。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


どこに払ったかはわかりますが、どんな内容で、何のために払ったかはわからないのです。
上記の画像の「ローソンチケット」なんて、今みたら、本当にわかりません。。。
Excelの記録を見たら、12月2日に出た横浜マラソンでした。
カードの利用日は9月30日、落ちるのは12月4日。
数字を仕事とする者にとって、あるまじきことかもしれませんが、大混乱です(^^;;

標準化できない

仕事の効率を上げるために、標準化を意識しています。
つまり、例外処理を作らないようにするのです。

経理で考えると、現金払いでも、Suica払いでも、カード払いでも、
・レシートをもらう
⬇︎
・入力する
⬇︎
レシートを貼り付け
というパターンにした方が楽なのです。
(個人事業主なら「事業主借」、会社なら「役員借入金」「未払費用」などで処理します)

現金はこう、Suicaはこう、カードはこうと処理を分けると煩雑になりますし、明細の遅れもあります。

ケース別カード払いの処理

以上の理由から、カードもレシートで記録した方が、かえって楽です。

(消費税の法律上は、カード明細ではなくレシートや領収書が必要となります)

私は次のように処理しています。
・Amazon→マネーフォワードで月1回取り込み
新品はともかく、中古の場合は領収書がない場合もあるからです。大量に買うという理由もあります。

・店頭でカード払い→レシートで通常処理(翌朝、Excel会計に入力)

・ネットでカード払い→メールや明細をEvernoteにクリップし、通常処理

■スポンサードリンク

・明細が出ないもの→サーバー代、スカパー、WOWOWなどは定額なので契約期間は毎月を一括入力

・水道光熱費→だいたいの金額を入力。それほど変動がないため。

一応、カード明細には、さっと目を通して、入っていない経費はいれるようにしています。

経理、家計簿のスピードアップのためにも、その都度処理がオススメです!





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日、書籍の原稿をひとまず書き終え、提出しました。
ひと段落し、美味しいパンを食べたくなり、疲労抜きランもしたかったので、8.8kmランで高島屋のシニフィアンシニフィエへ。
やっぱりおいしいです^_^

Posted from するぷろ for iPhone.




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###