「てへっ(^_^;)」となるものは経費に入れない

この領収書は私が受け取ったものです。
これは経費に落ちるでしょうか?
(宛名が書いてませんが、ここでは考慮外にしてください)
IMG 6540

経費の基準

経費にするかしないかの基準に明確なものはありません。
それぞれの考え方、税理士の考え方により、変わってくるのです。

法律ではどうなっているかを一言で言うと、「売上に対応する費用だったら入れていい」となっています。
所得税(個人)と法人税(法人)で微妙にニュアンスは違いますが、「仕事、ビジネスで必要かどうか」という大まかな基準しかないのです。

入れてもばれない

この領収書は経費に入れていません。
家計簿のために記録としてもらいました。
(レシートをくれればそれで十分なのですが、レシートを出していない店でした)
IMG 6540

宮崎の地鶏屋で、母と食事をしたときのものです。
(父は同窓会に行ってました)
こういった鶏の刺身も出てきます(^^)
IMG 6524

仕事とはまったく関係ないので、経費には入れません。

ただ、入れちゃってもばれないのです。
税務署に提出する書類には、税金の申告書(税金を計算する書類)、決算書、内訳書などがあります。
内訳書といっても、不思議なことに経費の明細は出しません。
預金の内訳や、売掛金の内訳などが資産や負債の項目がメインです。

この7,200円を会議費にいれても、このように埋もれてしまいます。
スクリーンショット 2012 12 13 7 33 19

法人の場合、取引先と飲食して、1人あたり5,000円以下のときは、飲食の相手先、店などを記録する必要がありますが、その記録も申告書提出時には出しません。
税務調査の際にチェックされるだけです。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


領収書をチェックし、宮崎の店があれば、「これ、どういったものですか?」と税務調査時にきかれることがあります。
プロの嗅覚は、こういったものをすぐ見つけられます(^_^;)
税理士である私も領収書や資料をぱらぱらっと見るだけで、「ん?」と目にとまることが多いです。
そのときにはじめてばれます。

ブログで裏をとっていたら、なおさらでしょう。
私の場合、この日付に宮崎に行っているとブログに書いてますからね。
ネット上の情報発信もチェックされていると思った方がいいです。

「ばれないから入れてもいい」というわけでは決してありません。
どこかで線引きをしておかなければいけないのです。
これは経費だけではなく、ビジネス全般にいえます。
「ばれなきゃやっていい」というのでは、長く続きませんし、信頼も失います。

人に見せても説明が付く経費

私がこういう経費を入れないのは、人に説明が付かないからです。
「家族で、今後のビジネスについて話しあっていた」といっても苦しいでしょう。

お客様にも、「人に見せても説明がつくなら、理由があるなら入れてください」といっています。
といっても、私が特段厳しい税理士というわけではないです。
私が経費と認めても、他の税理士が認めない経費があった事例もたくさんあります。
過度に意識しすぎて遠慮してもいけないわけです。

その基準は、お客様と私でも違いますし、お客様ごとにも微妙に違う部分があります。
それぞれ違う仕事や業種ですので、経費の基準も変わってくるからです。
基準を決めておかないと、「経費に入れようかどうしようか」の判断に迷います。その時間やストレスが無駄なのです。
経費の判断は、使ったときにやるべきもので、「とりあえず領収書もらっとくか」というものでもありません。

共通するのは、やはり「人に説明できるか」でしょう。
お客様であれば、税理士である私に説明できるかです(^_^;)

「この経費って、どういうものですか?」と聞かれて、「てへっ(^_^;)」となる(照れる)ものは経費に入れないことをおすすめします。





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日の朝、宮崎から戻ってきました。
いったん帰宅して一仕事して、午後から打ち合わせ。
多少しこりは残っていますが、体は元気です(^_^;)

次のレースは、12/16(日)の駒沢公園での10km。
2年前に始めて参加したレースなので、楽しみです。

■スポンサードリンク



■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###