アンチ・オールマイティー 〜苦手を意識して得意を活かす〜

先日、デジタル一眼デビューして以来、レンズも増え、いろいろ試しています。
一番出番がないのはオールマイティーなレンズなんです。
人も同じだろうなと感じました。
IMG 6584

様々な特徴があるレンズ

「一眼レフカメラの魅力はレンズを交換できること」
・・・・・・といっても、使ったことがなかった私にはわかりませんでした。

まだまだ素人でスキルも甘いのですが、ここ最近わかってきたのです。

これが明るく撮れるレンズ。ズームがないことも特徴です。
冒頭の写真もこのレンズで撮りました。一眼特有の「ぼけ」が出しやすいですね。
IMG 6580

最初から付いていたオールマイティーなレンズ
IMG 6582

かなり拡大して撮れるマクロレンズ
IMG 6585

撮れる範囲が広い広角レンズ
余計なものまで写ってしまいます(^_^;)
IMG 6587

もう1つ、望遠レンズがありますが、上記の写真を撮った位置からは撮れません。
もっと離れないといけないのです。

一番出番が少ないのは

それぞれ特徴があり、使い道もなんとなくわかってきました。
上記のレンズで一番出番が少ないのは、オールマイティーなレンズです。
器用になんでもできる反面、いまだ使い道がつかめません。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


今、全部で5つのレンズがあります。
(いつのまにか増えました。本体の代金より高くなったのは内緒です(^_^;))

すべてを持ち歩くことはできないので、2,3個から選ぶことになります。
オールマイティーなレンズ1つを持ち歩いてもいいのですが、やはり特徴のあるレンズで撮りたくなるので、その中から2,3個を持ち歩くことが多いです。
1人で出かけるときは風景やブログ素材を撮ることが多いので、今のところ、明るく撮れるレンズと、広角レンズが多いですね。

トライアスロンやマラソンの時は、望遠も持っていきます。

こう考えると、オールマイティーなものが一番出番が少なくなるのです。
(高性能なレンズらしいのですが)

自分が苦手なものを見極める

これは人も同じだなぁとふと思いました。
器用に何でもこなせるよりも、何か特技があった方が、印象に残りますし、貢献もできます。
もちろん、すべてを完璧に器用にこなせる方もいますが、なかなか難しいでしょう。

私も、得意なものがある反面、苦手なことも多いです
絶対にできないこと、嫌なことも多いですし、ひたすら逃げています(^_^;)

例えば、アナログの整理が苦手で、自分が読めないほど字が汚いので、デジタルのメモを多用したり、誰とでも仲良くできなかったります。

重要なことは、
「何が苦手なのか」
を見極めることでしょう。

その結果、得意を行かす方向へ進むことができると思うのです。

思えば、電卓が苦手(遅い)で、紙の整理が苦手で、会計ソフトの入力が苦手(テンションが下がる)という点を意識していたおかげで、Excelやその他ITツールが得意になりました。

■スポンサードリンク

とかく平均点を求められる世の中ですが、やはりエッジが効いていた方がおもしろいですし、重宝されます。

(苦手が多いことの弁明記事です(^_^;))





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日、石垣島トライアスロン(2013年開催)の当選通知がきました。
今年も参加したこの大会は、人気のあまり抽選になっていたのです。
チームの仲間も多く参加するこの大会、楽しみにしています!




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』