一度やったことに時間をかけないためのメモ

繰り返しやることは、メモしておくと定着も速く、時間も無駄にしません。
昨日、そのメモがまだまだ徹底できてないなぁと思うことがありました。
IMG 5079

人は忘れる

記憶力が優れている人は別として、人は結構かんたんに忘れます。
「一度や数回やったことは覚えているだろう」と思うのですが、不思議なくらい忘れていることは多いです。

前にやったときから時間がたっているとなおさらでしょう。

どうやるか、気をつけるべきことは何かを忘れていると、せっかくやったことがあることなのに時間を無駄にしてしまいます。

昨日、トライアスロンのバイクを宅配便で送りました。
昨年の10月以来、半年ぶりの梱包でしたが、まあ笑えるくらい忘れていたのです。
「こうやる」と思っていたことが全く逆だったこともあります。

店員さんに、教えてもらいながら、反省しながら、梱包しました。
その時間のロスは結構大きいものです。

仕事関係、プライベート関係含めて、メモを残すようにしているのですが、この件については抜けていました(^^;)
今回はきちんとメモを作ったので、次回以降は大丈夫です。

IMG 5082

立派なマニュアルではなく、かんたんなメモ

「マニュアルをつくろう」
「チェックリストをつくろう」
というと、かなり大変なイメージがあります。
私も昔はそう思っていました。

そこで、今は、単純にやったことを記録するだけにしています。
PC(又はiPhone)で入力しておけば、あとで編集はできますし、手順や気をつけるべきことをひたすら記録することに集中すると楽です。

私はEvernoteにこういったメモを記録するようにし、次のようなことを気をつけています。

・1カ所にまとめる

「メモしたけれど、どこにメモしたかわからない」
「メモした紙やノートが見当たらない」
というのでは意味がありません。
1カ所にまとめて、いつでも参照できるようにしておくべきです。
この点でEvernoteは優れています。

・甘く見ない

今回、できていなかったのがこれです。
「このくらいは大丈夫だろう」
「もう覚えているだろう」
となんとなくやってしまうことこそ、忘れます。
甘く見ないで、メモする習慣をもっと徹底すべきでしょうね(^^;)

メモしていることを忘れない

メモをしたけれど、メモをしたこと自体を忘れていることもあります。。。
「この仕事やこの作業をするときは、メモを見る」
という意識付けが必要となります。

メモの整理も重要です。
整理するにはやはりデジタルでメモしておくのが好ましいでしょう。

時間短縮できているメモ

バイクの梱包は、メモれてませんでしたが、こういったメモを活用して時間短縮できていることは多いです。

・セミナーの準備
・決算、税務申告
・出張の準備
・帰省の準備
・トライアスロンの準備(レース前)
・マラソンの準備

ーーーまとめーーー
「一度やったことにはムダな時間をかけない」のが鉄則です。
毎回思い出しながら、人に聞きながらやっていては、いくら時間があっても足りません。
一度やったことを効率化すれば、新しいこと、一度もやったことがないことに時間を割けます。

今回、するっと抜けていたので、自戒をこめて書きました(^^;)





■スポンサードリンク

【編集後記】
昨日、ラン10km→バイク80km→ラン10kmの大会にエントリーしていましたが、天候が大きく崩れる可能性があったため断念しました。ランだけなら出たのですが、バイクは強風・雨だと危険です。
結果的には、天候は悪くならなかったのですが、まあ、仕方ない判断だったと思います(^^;)