守破離の「守」を大事に

守破離という言葉があり、常に意識していますが、この順番でなくても全然かまわないと思っています。
守破離1

守破離とは

守破離とは、茶道や武道の言葉です。

ウィキペディアではこう書かれています。
”守破離(しゅはり)は、日本での茶道、武道、芸術等における師弟関係のあり方の一つ。日本において左記の文化が発展、進化してきた創造的な過程のベースとなっている思想でもある。
まずは師匠に言われたこと、型を「守る」ところから修行が始まる。その後、その型を自分と照らし合わせて研究することにより、自分に合った、より良いと思われる型をつくることにより既存の型を「破る」。最終的には師匠の型、そして自分自身が造り出した型の上に立脚した個人は、自分自身と技についてよく理解しているため、型から自由になり、型から「離れ」て自在になることができる。”

現実的にあてはめると、

守・・・本やセミナーで学んだこと、先輩、上司から教えてもらったことを守る
破・・・上記で得たことを破って自分なりにやってみる
離・・・自分なりの型を作る

といった感じになるでしょう。

「守」が必ずしもあるとは限らない

守破離のステップを意識しつつも、私がよく思うのは、

予想以上に「守」が少ない

ということです。

何かをやろうとしても、「守」がないことも多く、「守」があっても必ずしも正しいわけではありません。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


上司の言うことを「守」とできないケースもありますし、「守」といえるほど教えてくれないことも多いです。
大企業に入り、きちんとした研修制度があるケースはともかく、多くの場合は、「見て覚えろ」「やってみろ」という教え方でしょう。

私が経験したこれまで勤務した場所も同様でした。
統計局も、さらに規模の小さい企業、税理士事務所はいうまでもありません。

独立してからも、「守」があるわけでもありません。

あったとしてもほんの一部でしょうし、複数のモノ、人から学ぶ必要があります。

世の中、どちらかというと、「破」や「離」からスタートすることが多いのではないでしょうか?

自分なりにやってみて、最終的に「型」を確認する、自分なりにやりながら改めて教わるという順番です。
守破離2

守破離3

こう考えておくと、「教えてくれない」という日頃の不満はなくなります。
職場に「守」がなければ、外(人、本、セミナーなど)で探せばいいのです。

「守」は必須

「破」や「離」だけでは、うまくいかないことも事実です。
「破」→「守」→「離」や「破」→「離」→「守」の流れでも、「守」で型を学ぶことは欠かせません。

いわゆる「基本に戻る」「基礎を確認する」というものです。
私で言うと、税務、会計、Excel、ITなどはもちろん、もっと基礎的な読み方、話し方、書き方も常に「守」を忘れないようにしています。
自分なりにやっていると、方向性や軸がぶれることもありますので、ときどき「守」の段階を経ることが重要です。

■スポンサードリンク

趣味のトライアスロン、マラソンでも、やはり「守」が大事といえます。
走る、泳ぐ、こぐなどなんとなくできてしまうものこそ、おろそかにしがちです。

自分なりにできることこそ、なんとなくこなせてしまうことほど、「守」が欠かせません。

私は人に頼らず、自分なりにやってくることが多かったのですが、こういうことに気づいたのは、独立後でした。

独立当初、参考にした本です。

ドラゴン桜の作者の方が書いた本で、それまで自分なりが多かった私が、型を意識するようになりました。

型破りになるには、型にまずはまらなければ

面白いと思うのは、自分の型を作る「離」は、他人にとって「守」となり、自分が学ぶ「守」は学ぶ人の「離」でもあることです。
自分が守破離の過程による成果が、誰かの、おおげさにいえば後世の「守」となりえると考えると、やはり日々、鍛錬しがいはあります。

守破離4

守破離の順番にとらわらず、日々の鍛錬をお互い続けましょう。





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日は、終日バイク(自転車)トレーニング。
練習会場の大井埠頭まで22km、チームの仲間と合流して40km、帰りに20kmで、だいたい80kmでした。
6月にある一番長いレースでは、180kmで、信号待ちも休憩もありません。
GW後半もみっちりトレーニングします。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###