iPhone5はやっぱり16GBで十分だった

当ブログの人気記事の1つに、今度のiPhone5もやはり16GBを選んだ理由 | EX-ITがあります。
iPhone5を使って約8か月、やはり16GBで十分です。
IPhone5

iPhone5で16GBを選んだ理由

私のiPhone歴は、iPhone4(32GB)、iPhone4S(16GB)、iPhone5(16GB)です。
(iPhoneデビューは遅めでした)

最初のiPhone4は、念のため、大きめの容量にしましたが、16GBで十分と言うことがわかり、それ以降16GBにしています。

理由は、こちらの記事に書いてあります。
今度のiPhone5もやはり16GBを選んだ理由 | EX-IT

現在の使用状況

その理由の1つは、「16GBという容量を使い切らない」というものです。

「16GB」といっても、実際に使用できる(アプリやデータを入れることができるのは、13.5GBとなります。
私の場合は、今の時点で、11.6GB使い、残り1.8GBが残っています。

内訳を見てみると、ミュージック、写真とカメラ、Evernoteが多くなっています。
IPhone5 使用状況

ミュージックや写真は、どうしても容量が大きくなります。
Evernoteは、クラウド上(インターネット上)に大量のデータがありますが、そこにアクセスしているだけのため、それほど大きな容量になりません。
(iPhoneにダウンロードして、ネットがないところでも見れるようにすることもできます)

意外なのはKindle。
今、39冊の本が入っていますが、それほど容量を使いません。
さらに、私の場合、読み終わった本は、端末から消しています。
ガンガン本を読む方も安心して使えます。
(ただし、自分でスキャンした本は容量が大きくなりがちです)


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


SoundTouchは、甥っ子用のアプリです。
2歳くらいまでは抜群の食いつきをします。

ミュージックが多くなっているのは、ここ最近、iPhoneで音楽を聴くようになり、曲を追加しているからです。
それでも588曲しか入れていません。
IPhone5 使用状況2

次期iPhoneに買い替えるまでに容量がいっぱいになりそうだったら、やはり写真を削除します。
写真は、PC内にも保存しているからです。

こんな方は16GBがおすすめ

iPhoneには、16GB、32GB、64GBという種類があります。
「せっかくだから」
「どうせなら」
「心配したくないので」
という理由で64GBを選ぶ考えもありますが、金額は高くなります。
2年以上使うならたいしたことはないかもしれませんが、私の場合、1年ごとに買いかえる(残高をその時点で払う)ので、できる限り金額は抑えたいのです。

・2年使わない可能性が高い方
・写真やムービーはPCにバックアップできる方
・ムービーをあまり撮らない方(ムービーは容量が大きいです)
・ゲーム(たいてい大容量です。シンプルなゲームはそれほど大きくありません)をiPhoneであまりやらない方

は、16GBで十分でしょう。

私は次のiPhoneも16GB(一番安い機種)を買います。





■スポンサードリンク
【編集後記】

昨日の夜、甥っ子宅へ。
昼間にあった運動会で、甥っ子が1位だったそうです(徒競走。かけっこ)
映像もあり、楽しませていただいているところ、甥っ子から「どうやったらもっと速くなる?」と。
私がここ数年学んでいるランの知識やノウハウを伝えてみました(^^)

これで、速くなるといいんですけどね。
今度は実技もやってみます。

■スポンサードリンク



■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###