フリーランスも残業の概念を持つべき

昨日の記事「8年6か月の会社員時代、残業しないようためにしていた6つの工夫」に多くの反響をいただき、ありがとうございました。
そんな残業嫌いの私でも、フリーになったときは、残業をしていたのです。
キーボード

残業という概念がなくなる

フリーランスになると、残業、定時という概念がなくなります。
いつ働いてもいいですし、いつ休んでもいいのです。

いくら仕事をしても、「残業していない」といえます。
ついつい仕事ばかりに追われてしまいます。

時間に応じて支払われる(支払われないケースも多いのですが)残業代と違い、かけた時間分だけ、収入が増えるわけでは決してありません。

フリーになって、ストレスで胃を壊した

残業嫌いだった私も独立してしばらくは、だらだらと時間ばかりかける仕事の仕方をしていました。
独立して5か月後、胃が痛くて検査に行ったことがあるのです。
記録を見ると、2007年8月1日に独立し、病院へ行ったのが、2008年3月でした。

検査の結果はストレス。

正直、びっくりしました。
働いていたときはともかく、フリーになってからは、仕事へのストレスはなくなったと思っていたからです。

当時は、きまった休みもとらず、つかれたら休んでいました。
10日働いて、半日休むという感じです。

その検査をきっかけに仕事のやり方、選び方、時間の管理方法を変え、その後、同じようなストレスは感じていません。

フリーランスでも残業を認識する

フリーランスで時間が自由だといっても、時間を区切るべきです。
定時や残業という概念をあえて持つようにした方が、時間の効率は上がります。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


当時と今を比べると、仕事量、成果(収入)は増え、仕事に費やす総時間数は減りました。
効率は間違いなく上がっています。
逆に当時、何をそんなに仕事をしていたのか、疑問です(汗)

残業をしないために、次の3つを意識しています。

1 時間割を作る

今は、おおまかな時間割を作り、1日を4分割しています。
・早朝4時、5時から9時まで
・9時から11時半まで
・11時半から16時まで
・16時以降
という具合です。
また、平日と土日祝日でやることを決めています。
(スケジュールによって、多少の変更はあります)

総時間数も記録しつつ、「あ、今日は残業している」という感覚は常に持つようにしています。

2 仕事を減らす

物理的にこなせない量の仕事がきたら、残業せざるを得ません。

仕事を積極的に減らすべきです。

減らそうと考えていても、仕事は次第に増えていきます。

「減らす」と考えているくらいがちょうどいいのです。

3 時間を記録する

何をやったか、どのくらい時間がかかったかのタスク管理は必須です。

特に時間を記録すると、「1日中座っていたけど、何も成果を出していない」「外出が多かったけど、何もすすんでいない」などといったことが明らかになります。

■スポンサードリンク

他人からのプレッシャーがかからない 以上、自分でプレッシャーをかけるしかありません。

ーーーまとめーーー
フリーランスでも残業の概念は持つべきです。
昨日の記事の6つの工夫は今でも役に立っています。
1 仕事の段取り
2 コミュニケーション
3 堂々と帰る(フリーランスの場合も)
4 日中に集中
5 ランチ、休憩の時間を有効に使う(フリーランスは混んでる時間帯にランチしないことも重要)
6 仕事の改善のサイクルを回す

8年6か月の会社員時代、残業しないようためにしていた6つの工夫 | EX-IT





■スポンサードリンク
【編集後記】
ここ最近ではめずらしく、今、執筆の仕事がありません。
(水面下で動いている話はあります)
執筆にあてていた時間が浮き、その分は、Wordpress(ブログ、HP)やExcelの勉強をやっています。
昨日の夜も、Excel三昧でした(^^)




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』