Excelで連続データ(連番)ーオートフィル、オートフィルオプションー

1507

Excelで連番をふる方法を比較してみました。

連続データ

 

Excelで連続した数字を入れたいとき、私がもっとも使うのは次の2つです。
気分(?)によって使っています。

 

○オートフィルオプション

1から2,3,4,5・・・と数字を入れる場合、まず「1」を入力して、そのセルの右下をマウスでドラッグします。
(隣の列にデータが入っている場合、セルの右下をダブルクリックすれば、隣合う列のデータ数だけ連続データ作成又はコピーができます)
オートフィル1

結果、「1」がコピーされます。Excelの判断では、この場合、コピーと考えるわけです。
ここで、右下のアイコンをクリックし、[連続データ]を選ぶと、
オートフィルオプション

連続データ(1つずつ増加)に変わります。
オートフィルオプション完成
このアイコンはオートフィルオプションといいます。

 

○数字を2つ入れてオートフィル

数字を2つ(1,2)と入れて、
連続オートフィル0

オートフィル(セルの右下をドラッグ)をすると、
連続オートフィル

1,2、3,4・・・と1ずつ増える連続データができます。
連続オートフィル完成

ちなみに、最初に1,3(2増加)といれてからオートフィルすると、こうなります。
最初の2つの数字で、Excelにパターンを指定しているのです。
連続オートフィル 奇数

 

 

他にもこんな方法があります。

□スポンサードリンク

○数式を使う

上の番号に1を足すという数式を入れます。
これをコピーすれば連番になります。
私が使う請求書作成Excel、領収書作成Excelの連番はこのしくみを使っています。
数式

 

○ROW関数を使う

ROWは、その行数を表示する関数です。
”=ROW(A2)”は、セルA2に行数2を表示します。

これを利用して、セルA2に”=ROW(A2)-1)”と入れれば、「1」と表示されます。
数式をコピーすれば、連番が入るわけです。
数式のコピーもれに注意しましょう。
ROW

 

○OFFSET関数を使う

行を挿入することが多いなら、OFFSET関数を使うと便利です。
「1つ上の数字に1を足す」というしくみなので、行の挿入にも対応できます。

オフセット

 

○フィル

フィルという機能もあります。
今回の事例の場合、「1」を入力したセルにカーソルをあわせて、リボン[ホーム]タブの右にある[フィル]→[連続データの作成]をクリックします。

フィル

次のように設定します。列方向に1ずつ、100まで連番をふるという設定です。
フィル設定

[OK]をクリックすると、一瞬で連続データができあがります。
フィル 完成

 

ーーーまとめーーー
ケースによって使い分けていますが、最後のフィルは便利なようでほとんど使ったことがありません。
おそらくクリック数が多いことが嫌いなのでしょう(^^)

マクロで番号をふることも多いです。

 





【編集後記】
昨日は、午後から打ち合わせ、スカイプ打ち合わせ、夜は会食でした。
スケジュールみっちりでしたが、大きい案件も無事終わり、一段落です。
Spread the love