misocaからダウンロードしたデータの活用方法ー弥生会計へ取込・Excelで集計ー

クラウド請求書管理サービス「misoca」は請求書データをダウンロードできます。
これを利用してExcelで売上管理・分析ができます。
追記:Misocaは弥生に買収され有料となり使いにくくなりました。

スクリーンショット 2013 08 04 11 35 01

CSVファイルのダウンロード

misocaの請求書一覧ページにある[CSVダウンロード]をクリックすると、
スクリーンショット 2013 08 04 11 09 29

条件を指定して2種類のファイルをダウンロードできます。
スクリーンショット 2013 08 04 11 09 55

弥生会計への取込

1つが[弥生会計方式]というデータです。

これを選ぶと、次のようなテキストファイルをダウンロードできます。
スクリーンショット 2013 08 04 11 11 17

Excelで開くとこんな感じです。
このデータは、弥生会計にデータを取り込む形式で作られています。
スクリーンショット 2013 08 04 11 12 32

弥生会計の仕訳日記帳を開き[ファイル]→[インポート](Alt→F→I)で取り込むことができます。
請求書を見ながら、会計ソフトに入力しなくてもいいのです。
36

ピボットテーブルで分析

もう1つのデータは、請求書のCSVデータです。
このデータをExcelで開くとこうなります。
スクリーンショット 2013 08 04 11 10 05

いったんExcelファイルとして保存(F12)すると、通常のExcelファイルとして加工できます。
ピボットテーブルを使って、加工してみましょう。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


まず、データをテーブルにします。

■関連記事
簡単!きれい!ミスが減る! 何かと便利なExcelの[テーブル] | EX-IT

テーブルにしたほうがピボットテーブルを使いやすいからです。

データ内のセルのいずれかにカーソルを置き、Ctrl+Tを押すと、
スクリーンショット 2013 08 04 11 12 54

テーブルに変換されます。
スクリーンショット 2013 08 04 11 13 01

さらに、[挿入]タブの[ピボットテーブル]をクリックし、
スクリーンショット 2013 08 04 11 13 28

右側のフィールドで、[請求日]、[請求先]、[金額]をクリックすると、次のような表ができ上がります。
(Excel2003以前では操作や画面が異なります)
スクリーンショット 2013 08 04 11 16 02

日付を右クリックして[グループ化]を選択し、
スクリーンショット 2013 08 04 11 16 17

[月]を選んで[OK]を押すと、
スクリーンショット 2013 08 04 11 16 25

日付を月ごとにまとめることもできます。
スクリーンショット 2013 08 04 11 16 30

■スポンサードリンク

右側のボックスで、[行]にある[請求日]を矢印のようにドラッグすると、表がかわります。
みやすいように自由に変更してみましょう。
スクリーンショット 2013 08 04 11 16 40

ピボットテーブルをもとにグラフを作ることもできます。
スクリーンショット 2013 08 04 11 18 10

CSVデータには、税込金額しかありませんので、消費税抜で処理している場合は、[税抜]の列を作り、数式(=int(D2*100/105))で計算してください。
(税抜金額もダウンロードできるとうれしいですね。)
スクリーンショット 2013 08 04 11 20 04

新しいデータを追加したときは、再度ダウンロードしてExcelデータへ追加します。

期間を指定して丸ごと入れ替えてもいいでしょう。
スクリーンショット 2013 08 04 11 21 23

データを追加してもピボットテーブルは自動更新されません。
ピボットテーブルを右クリックして、[更新]を必ずやってください。
スクリーンショット 2013 08 04 11 21 40

更新後の表です。
スクリーンショット 2013 08 04 11 21 56

税抜金額で集計するとこうなります。
スクリーンショット 2013 08 04 11 22 18

サンプルをおいておきますので、使ってみてください。
EX-ITサンプル misoca→ピボットテーブル

なお、会計ソフトへの取込と分析の両方をやるなら、弥生会計方式のデータをピボットテーブルで集計すると効率がいいです。

テキストデータをExcelで開き、[データ]タブの[区切り位置]でカンマで区切り、さらに1行目へ項目(日付、金額等)を入れるようにしてください。

集計はSUMIF関数を使う方法もありますが、ある程度スキルが必要ですし、表を変化させることができません。

そのため、ピボットテーブルの方をおすすめしています。








■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日はカフェや自分のオフィスで終日執筆。
眠気と闘いながらも、かなり進みました。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###