簡単!きれい!ミスが減る! 何かと便利なExcelの[テーブル]

Excelで表を作るときは、[テーブル]を使うと便利です。
デザインの変更が簡単であり、数式エラーも防ぐことができます。
WS000006

Excelの[テーブル]のメリット

[テーブル]は、Excel2007以降の機能です。
(2003にも[リスト]という似たような機能はありますが、操作方法は異なります)

[テーブル]には次の3つのメリットがあります。

1 自動的に書式を設定してくれる

たとえば、次のような現金出納帳を[テーブル]にできます。
日付を入れると、

WS000003

自動的に書式を設定してくれ、行に網掛け(青)されます。
WS000004

見やすく、書式設定ミスがありません。

2 数式をコピーしてくれる

同じく現金出納帳で、F列(残高)には、
前日の残高+入金ー支払
という数式が入っています。
[テーブル]を使っていると、この数式をコピーしてくれます。
WS000005

次のような場合でも、単価×個数の数式をコピーできます。
WS000002

Excelの表で怖いのは数式漏れやエラーです。
これらのエラーを防ぐことができます。


■スポンサードリンク


3 デザインを1クリックで変えられる

[テーブル]をクリックすると、リボン(画面上部のメニュー)に[テーブルツール]が表示されます。
さらに[デザイン]で好みのものを選べば、かんたんに表のデザインを変えることができます。
WS000008

バリエーションも豊富です(自分でカスタマイズもできます)

WS000009

Excelの[テーブル]の作り方

[テーブル]は次のように作ります。
①データを選択します。
WS000000

②次に、Ctrlキー+Tを押します。
範囲を確認して、Enterキーを押せば、完成です。
WS000001

テーブルからピボットテーブル

テーブルは、ピボットテーブルを作るときにも使います。

Excelでは、表を作らずに、データを作るのが鉄則です。

データさえあれば、いかようにも集計できます。
そのデータをみやすくするためにもテーブルを使ってみましょう。

試しに使ってみてください


【編集後記】
昨日はピボットテーブル入門セミナー、マクロ入門セミナーを開催しました。
書籍執筆に専念するため、しばらくExcelセミナー開催は自粛します(^_^;)

■スポンサードリンク

■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』