Excelピボットテーブルがいまいちみづらいときの設定方法ーレポートのレイアウト変更ー

便利なピボットテーブル。
しかし、いまいち表が見づらいという方もいらっしゃるかもしれません。
複数の要素を組み合わせるときは、一工夫必要です。
スクリーンショット 2014 05 21 6 47 45

ピボットテーブルの作り方のおさらい

ピボットテーブルの作り方をおさらいします。

こういった売上データを集計する事例です。
データは、空白行や空白列を入れず、1行目に見出しを入れ、同じ種類のものは同じ列に入れるようにしてください
スクリーンショット 2014 05 21 6 51 11

①データ内のセルを選択して、Ctrl+Tをおし、テーブルを作ります。

スクリーンショット 2014 05 21 6 52 40

スクリーンショット 2014 05 21 6 53 02

テーブルを使わなくてもピボットテーブルはできますが、テーブルの方がミスが少なく、使いやすいです。

②テーブルのセルを選択して、[挿入]→[ピボットテーブル]を選択し、
スクリーンショット 2014 05 21 6 54 08

Enterキー(OK)を押すと、次のような画面になります。
スクリーンショット 2014 05 21 6 56 01

③右側のボックスで、集計したい項目、金額をマウスでドラッグ(又はチェックボックスをクリックしてチェックを入れる)すると、表を作ることができます。
スクリーンショット 2014 05 21 6 55 04


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


いろいろ組み合わせられるけど、ピボットテーブルがみづらい

行に、[日付]、[商品]、列に[取引先]、値に[金額]を組み合わせた結果できるのは、次のようなピボットテーブルです。

スクリーンショット 2014 05 21 6 58 52

集計できたのはいいのですが、ちょっとみづらいと感じるかもしれません。
標準のレイアウトだと、小計(この場合は日付ごとの小計)が入っているからです。
(Excel2007から、このレイアウトになりました)
スクリーンショット 2014 05 21 6 59 46

ピボットテーブルのレイアウトを表形式に変える

見やすくするために、ピボットテーブルのレイアウトを変えるようにしています。
ピボットテーブルをクリックして、[ピボットテーブルツール]→[デザイン]の[レイアウト]ー[レポートのレイアウト]から、[表形式で表示]を選んでみてください。

スクリーンショット 2014 05 21 7 03 18

こういったレイアウトになります。こちらの方がコンパクトになるので、私は好んで使っています。
スクリーンショット 2014 05 21 7 04 01

小計が必要なければ、ピボットテーブルを右クリックして、[日付の小計]をクリックして、
スクリーンショット 2014 05 21 7 04 11

消してください。
スクリーンショット 2014 05 21 7 04 27

小計を見やすくするなら、ピボットテーブルをクリックして、[ピボットテーブルツール]→[デザイン]から好きなものを選べます。

スクリーンショット 2014 05 21 7 05 10

たとえば、こういったデザインなら、小計を目立たせることができるので便利です。
スクリーンショット 2014 05 21 7 05 22

ピボットテーブル、便利で速いのでぜひ使ってみてください。
Excelでは表を直接作ろうとすると効率が悪いです。
まずは、データを作って、それを集計するようにしてみましょう。

ピボットテーブル関係の記事は、こちらにまとめてあります。
■Excelピボットテーブル | EX-IT





【編集後記】

昨日は、夕方からExcelコンサル。
コンサルでいただいた質問をベースに、今回の記事を書きました。

【1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

ラクーア ロウリュ
JS PancakeCafe

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』