ブログ・書籍・HPなどの情報発信者へアプローチするときに気をつけていること

ブログやFacebook、HPなど情報発信している私は、やはり読んでもらえるとうれしいです。
逆に、こちらからアプローチするときも、根こそぎ読むようにしています。

DSC00923

出ている情報は全部読んでからアプローチ

私がはじめて人に会うときや、アプローチするときは、必ずその人のことを調べていきます。

ネットで名前を検索し、情報を集め、本を出していれば本を読み、ブログを書いていればブログを読み、HPがあればHPを読みます。

情報がまったくない方は、しかたがないのですが、下調べをしておいた方が、そのときの話やアプローチがスムーズに行く傾向にあります。

読まれているとうれしい側も経験しておく

私は、情報をネットや書籍で出している側です。
こちら側から考えると、ブログやHPをみていただいていると非常にうれしくなります。

最近出会った方で、出会ったばかりなのに、ブログやHPをかなり読み込んでいただいてくださった方がいました。
こういうことがあると、「いい人だ〜」と思ってしまいます(^^;)

仕事上のつきあいでも、最初のアプローチで、ブログやHP、本のことにふれていただけると、引き受ける可能性も高いです。
このように思うのは、私だけかもしれませんけどね・・

逆に、何も読んでいただいていないときは、「本当に自分じゃなきゃいけないのかな」と思ってしまいます。
実はそれがひっかかって、仕事を断ったこともありました。
(それだけが理由ではありませんが)
「ご挨拶だけでも〜」「一度会いたい」というだけだと断っています。
お互いがマッチしない可能性も高いからです。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


今やりとりをしている新たな2件の仕事では、その担当の方が、非常によく私のことを知ってくださっています。

よく、こんなに細かいところまで読んでくださっているなぁ・・・というほどです。
条件面は、これから詰めますが、この2件はやるつもりでいます。

「めんどくさいやつ」と思われるかもしれませんが、こういう心境を知るためにも、情報発信側を少しでもやっておくといいでしょう。
ネットであれば、気軽に情報発信できます。
ブログの敷居が高ければ、まずは、Twiiter、Facebookでもかまいませんが、検索されやすいブログが最適なのはいうまでもありません。
まったく知らない方、会ったことのない方からも声をかけてもらえ、チャンスが広がります。

特に、ひとり社長、フリーランスは、規模の拡大ができない以上、ネット上の影響力の拡大はやっておいた方がいいでしょう。
(同姓同名で著名な方がいる場合は大変ですが・・)
種まきのようなものです。

最初のアプローチが大事

逆の立場からも考えると、情報を得た後の最初のアプローチが肝心です。
私は、次の3つを気をつけています。

1 具体的に書く(言う)

「毎日読んでます」「本読みました」「いつも勉強になっています」だけでは、本当に?と思われるかもしれません。
そのため、具体的に、「〜というフレーズがよかった」「おすすめしていた○○使ってみました」「〜という考え方はひびきました」などと具体的に書いたり、言ったりするようにしています。

2 新しい情報に触れる

ずいぶん前に情報を見ていると、もう古いかもしれません。
必ず最新の情報をつかむようにしています。

「あ、もうそれやってないけど」「もう転職しています」「昔はやってたけどね」となっては興ざめでしょう。

3 共通項を見つける

自分と共通しているものががあれば、それについて触れます。
コミュニケーションの基本です。
生まれ、育ち、趣味、嫌いなもの、なんでもいいでしょう。

まとめ

今回の記事は、「アプローチの前にブログ読んでね」というものではありません(笑)
逆側の話がメインです。

■スポンサードリンク

人と会うというのは、好きかどうか、興味を持てるかどうかが非常に重要だと考えています。
嫌いだけど情報は得たい、興味ないけどちょっと会ってみたいというのはやりません。

情報を出している人であれば、その情報をしっかり得て、そこで興味を持てなければ、アプローチしない方がお互いのためです。

情報があるのに、その情報を得ないでアプローチすると、うまくいかない可能性も高いでしょう。
情報を得るといっても、それほど時間をかける必要はなく、プロフィール、直近の記事、書籍をさらりと読んでおくだけでも違います。

ビジネス、特にひとり社長やフリーランスの方は、積極的に情報を出し、会う前のバリア・リトマス紙にしておくのがおすすめです。
合わない仕事をそぎ落とす!フリーランスはバリアとしてHPを使ってみましょう。 | EX-IT





■スポンサードリンク
【編集後記】

6/22に行われるオーシャンスイムレースに申し込みました。
400mと1,500mの2種目をウェットスーツなしで泳いでみるつもりです。
(トライアスロンは安全のためにウェットスーツ着用が義務)

ウェットなしで泳ぎ切ったたら、一皮むけるかなぁと思っています(^^;)

【1日1新】
※詳細は→「1日1新」

溶岩焼き肉屋
FUSION6 試用




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###