Excelでレターパックの宛名ラベルを楽につくる方法。VLOOKUP関数・マクロ。

1650

郵送するときにはレターパックが便利です。
その宛名ラベルは、Excelでつくれます。

IMG_20190225_093221

※自宅にて Pixel 3

 

郵送ならレターパックプラス

 

郵送することはほとんどありませんが、どうしても郵送する場合には、レターパックを使っています。
510円のレターパックプラスのほうです。
レターパックプラスだと先方に直接届けてくれます(レターパックライトはポスト投函)。
不在時は持ち帰るので、ポストにポンと投函されることはありません。

レターパックは、コンビニでも買うことができ、ポストに投函すればいいだけです。

この宛名ラベルを書くのも手間ですので、Excelを使っています。

Excel VLOOKUP関数で、お客様データベースから宛名を連動

 

Excelのラベルはこういったシンプルなものです。
必要な情報を入れて、

image

プリントアウトすると、

image

だいたいこの枠にはまります。
(郵便番号の枠は無視しています。ちょっと大きめに切ったほうがおさまりがいいです)

気になる方は、サンプルで調整してみていただければ。

プリントアウトしたものをペタッと貼り付ければ、あとは投函するだけです。

IMG_20190225_094119

 

Excelを使うといっても、情報をその都度入力していたら、Excelを使う意味がありません。

楽にできる方法を考えましょう。
このようなお客様データを準備しておき、コードで呼び出すしくみをつくります。

image

 

そこで使うのは、VLOOKUP関数です。
セルA1にコードを入れると、お客様データ(シート「data」)から情報を取り出せます。
郵便番号は、お客様データで3列目なので、=VLOOKUP($A$1,data!A:G,3,FALSE)

住所は、お客様データで4列目なので、=VLOOKUP($A$1,data!A:G,4,FALSE)

と、列に該当する部分だけ変えておけば、お客様データ内のものを読み出せるわけです。

image

 

宛名をプリントアウトしたいお客様コードを入れれば、かんたんに宛名ができあがります。
このお客様データをつくるのには手間がかかりますが、他にも使い道があるのでぜひつくっておきましょう。
情報を整理したり、売上を集計したりする際にも使えますし、私は、請求書をつくる際にも使っています。
Excelマクロで請求書をつくっていますので。

また、仕事量をざっくり把握するときにも役立ちます。
一覧にして眺めるということは、やはり大事です。

 

 

□スポンサードリンク

Excelマクロで、宛名ラベル一括作成

 

マクロを使うと、宛名を一括でつくることができます。
このリストにあるお客様の数を数えて(この場合5行目まで)、

image

2から5行目まで(お客様コードは、1から4)を繰り返し宛名をつくるマクロです。

image

サンプルでは、こういったPDFにするようにしています。

直接プリントアウトするようにしてもいいでしょう。

image

◆スポンサードリンク

 

マクロはこういったものです。

Sub letterpack()


    Dim Max_row As Long
    
    'データ数を数える
    Max_row = Worksheets("data").Range("A" & Rows.Count).End(xlUp).Row



    Dim W_b As Workbook
    Set W_b = ThisWorkbook
    
    Dim i As Long
    '処理を繰り返す
    For i = 2 To Max_row
    
        
        'ひな形をコピー
        W_b.Activate
        Worksheets("letter").Copy
        
        'お客様コードを入力
        ActiveSheet.Range("a1").Value = W_b.Worksheets("data").Range("a" & i).Value
        
        'PDFで保存しExcelファイルは閉じる
        ActiveSheet.ExportAsFixedFormat Type:=xlTypePDF, Filename:=ThisWorkbook.Path & "\" & ActiveSheet.Range("a1").Value & ".pdf"
        ActiveWorkbook.Close savechanges:=False
    Next
    

End Sub

 

サンプルはこちらにあります。

EX-ITサンプル レターパックマクロ.xlsm

 

今回の事例、マクロはともかくVLOOKUP関数の基本的な使い方が学べるのもポイントです。
実際に数式を入れてみていただければ。
また、お客様データをつくり、他の用途にも使えるようにしておくのは、効率の上で非常に重要です。

 



■編集後記

28日に本の締め切りがあるので、ちょっとずつ進めています。
今日は予定がないので、今日どのくらい進むかが決め手です。
計算だと、なんとか間に合うかなぁと。
計算では。

 

 

■昨日の「1日1新」

ワンワンといっしょ!夢のキャラクター大集合
モスバーガーAIレジ
関内→アンパンマンミュージアム 路線バス

 

■昨日の娘日記

昨日は、横浜アリーナにイベントを見に行き、そのままモスバーガーAIレジの取材につきあってもらい、アンパンマンミュージアムに寄って帰りました。
モスバーガーに行く途中に寝ちゃい、そのままだっこでしばらく寝かせていましたが、むくりと起きて「何にする?(何食べる?)」と言ってきたのはびっくりでした。

Spread the love