毎朝スタートダッシュするために。起動時に複数サイトを表示するGoogle Chromeの設定

朝、仕事をスムーズにスタートするために、GoogleChromeの設定をしています。
DSC01833

ネットはGoogleChromeで

インターネットを見るソフト(ブラウザ)には次のようなものがあります。

○Windows
Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)
Firefox(ファイアフォックス)
GoogleChrome(グーグルクローム)

○Mac
Safari(サファリ)
Firefox(ファイアフォックス)
Google Chrome(グーグルクローム)

この中で、私はGoogle Chromeを使っています。
Googleアカウントを使えば、WindowsでもMacでもブックマーク(お気に入り)やパスワードを同期できますし、処理速度も速いからです。

朝見るサイトはあらかじめ登録しておく

朝、仕事をスタートするときには、
・タスク管理のExcel
・Evertnote(前日の情報やメモを整理するため)
・PCのInboxフォルダ(私が作ったフォルダで前日作ったファイルが入っている)
などとともに、
Google Chromeを開きます。

朝やる仕事(メール、メルマガ、ブログなど)に関するものにすばやくアクセスするためです。
夜早く寝ることもあり、朝一番にチェックすべきものが多いという事情もあります。
(寝ている間にメッセージのやりとりがあったり、メールが来たりしています)

そのときに、朝見るサイトを事前に登録して、効率よく見れるようにしているのです。

Chromeを開くとこういったサイトが開きます。
スクリーンショット 2014 10 20 10 24 33

左から
Facebook
Hootsuite(Twitterを使うサービス)
オートビズ(平日に毎日配信しているメルマガの配信サービス)
Google Adsense(広告収入の確認)
Google Analytics(アクセス解析)
Feedly(ネット情報のチェック)
Gmail
当ブログ
Amazonアソシエイト
ランダムウィキペディア
です。

ランダムウィキペディアは、ランダムにWikipediaを表示できるもので、毎朝違ったものが表示されます。
脳を刺激!思わぬ情報をインプットできる「ランダムウィキペディア」 | EX-IT

朝、新聞やニュース、TV、ラジオなどからの情報は入れません。
feedlyやTwitter、Facebookで情報は入ってきますし、そもそも情報を絞っているからです。
まあ、これでもなんとか普通に暮らしていけてます(^_^;)
(「なにそれ?」ということは多いのですが・・)

スタートダッシュの設定方法

Chromeでこの設定をする方法を解説します。

①まず、朝まとめてチェックしたいサイトを普通に開いてください。

②Google Chromeの[設定]を開きます。
Windowsなら、右上のアイコンから[設定]を選び、
スクリーンショット 2014 10 20 10 33 25
Macなら、左上のメニューから[環境設定]を選んでください。
スクリーンショット 2014 10 20 10 32 24

③設定画面で、[起動時]の[特定の1つのページ又は複数のページを開く]を選択し、[ページを設定]をクリックします。
スクリーンショット 2014 10 20 10 32 52

④こういう画面がでてきますので、[現在のページを使用]をクリックしてみてください。
スクリーンショット 2014 10 20 10 41 26

そのときに開いているページが追加されます。

スクリーンショット 2014 10 20 10 41 32

これで設定完了なのですが、ランダムウィキペディアを表示させるなら、

ja.wikipedia.org/wiki/Special:Randompage

を画像の位置に貼り付けてください。
スクリーンショット 2014 10 20 10 43 59
そうしないと、登録したときのウィキペディアページが表示されるだけになります。

⑤Chromeをいったん閉じて、開くとこのように表示されます。
閉じるのは、WindowsならAlt+F4、MacならCommand+qです。
スクリーンショット 2014 10 20 10 45 37

毎朝、毎回同じサイトを複数チェックする方は使ってみていただければ。





【編集後記】

今日は、父の70歳の誕生日。
お酒をもうちょい控えて体調管理に気をつけてもらいたいと思っています。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

Barberoのチョコ
SHINKINEDO