インターネット上の明細をExcelで加工する事例ーWebゆうびんー

429

インターネット上の明細をExcelで加工する事例を取り上げてみます。
今回は、Webゆうびんの事例です。

スクリーンショット 2014 01 07 18 36 30

 

Webゆうびんとは

Webゆうびんとは、日本郵便のサービスです。
ネットでPDFファイルを登録し、宛先や差出人を登録すると、それを印刷して郵送してくれます。

郵送が嫌い、FAXが嫌い(使ってない)な私は、やむを得ずこれを使っていることが多いです。

海外からでも郵送手続きができる≪Webゆうびん≫ | EX-IT

 

 

 

 

今回、この明細を1年分処理してみました。
月に1回使うかどうかなので、1年に1度で十分なのです。
支払はクレジットカードのみ。
個人のクレジットカードで払っているので、「私が事業用に立て替えた」という処理をします。

インターネットからExcelへコピー・貼り付け

Webゆうびんのサイトでは、このように明細を見ることができます。

スクリーンショット 2014 01 07 18 41 23

このままだと会計ソフトやExcelに手打ちしなければいけませんし、合計も出ていません。
電卓をたたくとミスする可能性もあり、めんどくさいです。

こういった場合、ブラウザ上で該当部分(適当でいいです)を選択してコピーし、
スクリーンショット 2014 01 07 18 42 49

Excelへ貼り付けます。
スクリーンショット 2014 01 07 18 43 32

これでExcelで加工できるようになります。

Excelで加工

Excelで見ていくと、金額に「円」がついています。
ここままだと、Excelでは文字として扱われ、合計したり数式に使ったりできません。

試しにセルE1とセルE2を足してみると、このようにエラーが出ます。

スクリーンショット 2014 01 07 18 45 10

関数で処理する方法もありますが、「100円」と「95円」を足そうとしているので、Excelとしては、わけがわからない指示なのです。

これで「Excelは融通がきかない」と思わずに、Excelがわかるように指示を出しましょう。
人間にしかできないことです。

関数で処理することもできますが、ここではシンプルに置換を使ってみます。
金額の入った列を選択して、Ctrl+Hを押し、次のように入力し、[すべて置換]をクリックします。
「円」という文字を空欄に変えるのです。
スクリーンショット 2014 01 07 18 48 00

これで、Excelでは数値(100や95)として扱ってくれます。
スクリーンショット 2014 01 07 18 49 15

数値の下のセルで、Alt+Shift+「−」を押すと、SUMが挿入され、
スクリーンショット 2014 01 07 18 50 12

合計が表示されるので、この数値を会計データとして使いましょう。
スクリーンショット 2014 01 07 18 51 21

少額なので合計だけ年に1回入れれば十分です。
もし、個別に入れたいなら、このように仕訳形式にして、取り込むようにします。
日付欄に時刻も入っているので一手間かかりますけどね。
スクリーンショット 2014 01 07 18 53 38

ネット上の見た目を意識して、「円」がついているのですが、データとして処理するときはやっかいです。
それでも、ひたすら入力するよりは楽で間違いがありません。





【編集後記】
Excelネタ、最近書いてなかったのでまた増やしていきます(^^;)
Spread the love