海外からでも郵送手続きができる≪Webゆうびん≫

インターネットを使って,郵便を送ることができるサービスがあります。

今回、ホノルルからも使ってみました。

スクリーンショット 2012 05 22 18 46 16

Webゆうびんとは

≪Webゆうびん≫とは日本郵便が運営するサービスです。
次の3つのサービスがあります。
・Webレタックス→祝電や弔電を送ることができます。500円〜
・Web速達→当日15:30までに申し込めば当日届く便です。500円〜
・Webレター→2,3日を目安に届く便です。95円〜

こちらのページから利用できます。
Webゆうびん|日本郵便

私が使っているのは≪Webレター≫です。

スクリーンショット 2012 05 22 18 45 58

切手を貼る必要もなく、封入の手間もありません。
気軽に郵送できます。

今回ホノルル滞在中に、郵送しなければいけない事態が発生したのです。
別に帰国後でもかまわなかったのですが、使ってみました。

Webゆうびんの使い方

使い方は次のとおりです。

まず、本文を書き、白黒・カラーの設定をします。
スクリーンショット 2012 05 22 18 38 31

さらに添付するファイルがあれば、アップロードします。
スクリーンショット 2012 05 22 18 38 40

その後、差出人や宛名の設定をすれば、郵送の手続きは完了です。
年賀状ソフトのような感じですね。

事前にクレジットカードを登録していれば、決済も簡単にできます。

Webゆうびんの注意点

≪Webレター≫には次のような注意点があります。

1 アップロードできるファイルはWord、PDFのみ。

他のファイル(画像やExcelなど)はPDFにすれば大丈夫です。

2 枚数によりお金がかかる

白黒だと1枚95円、カラーだと140円です。さらに白黒1枚増えるとプラス5円、カラー1枚増えるとプラス50円です。
最大枚数は4枚が限界です。
資料を送るときは、最初の1枚+アップロードするファイルの2枚になります。(最初の1枚は省略できないようです。)

3 請求書の送付には使えない

実は請求書の送付(当事務所は郵送しています)には使えません。
正確にいうと、できないことはないのですが手間がかかりすぎます。
1枚ずつ、請求書のPDFをアップロード→差出人指定→宛名指定をしなければいけません。
現実的には厳しいでしょう。

複数の宛先に同じファイルを送ることはできます。

追記:請求書ならMisocaがおすすめです。同様にネットで手続きして紙で送ってくれます。

また、Macは動作対象外とのことですが、Mac+GoogleChormeで問題なく使えています。

今やメールがあるので、郵送の機会はぐっと減りましたが、個別に何か郵送するときは使ってみてください。
ただし、≪Webレター≫だと、到着に2,3日かかるのでご注意を。





【編集後記】
ただいま現地時間は、22日の午前0時ごろです。
明日の午後の便で帰ります。


■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』