30分400円。機内でネットが使えるJAL SKY Wi-Fi体験レポート

JALの機内でネットにつなぐことができる「JAL SKY Wi-Fi」を体験しました。
JAL SKY Wi Fi

機内でネットが使える!JAL SKY Wi-Fiとは

飛行機での移動は長くなりがちで、有効に使いたいものです。
私は、PCを常に持ち歩いていますので、PCを使って仕事(執筆、ブログなど)をやっています。
読書をするよりも、PCを使うことが多いです。

ただ、飛行機は、
・電源がない
そして、
・ネットが使えない
というデメリットがあります。

電源はバッテリーが持つ限りなんとかなりますが、ネットはどうにもなりませんでした。
しかし、今は機内でネットが使えるようになっています。

今回はJALで利用してみました。

JAL SKY Wi-Fiの使い方

次のような手順で、JAL SKY Wi-Fiが使えました。

機内で、離着陸時を除いた時間帯に、gogoinflightというIDに接続します。
(離着陸時に電子機器を使えるようになりましたが、機内モードにして通信をしてはいけません。また、大型のPC(15インチ以上?航空会社により異なりました)は離着陸時にも使えませんでした)

JAL SKY Wi Fi00018

接続すると、このようなJALのサイトが開きます。
無料でこのサイト内の情報や動画は見ることができるのですが、他のサイトを見るのは有料です。
JAL SKY Wi Fi00016


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


プランは、30分だけ使える[30分プラン]、フライト中ずっと使える[フライトプラン]があります。
後述するように、航路によってフライトプランに金額は変わり、羽田→那覇は、フライトプランが1,200円でした。
30分プランは、一律400円ん。今回使ったのは30分プランです。
JAL SKY Wi Fi00013

はじめての利用なら登録が必要です。
JAL SKY Wi Fi00012

さらに、料金を支払うカードを登録します。
JAL SKY Wi Fi00011

登録完了後、このページにつながります。
到着まであと○分という表示や現在地を見ることができる画面です。
この状態になれば、他のサイトも見ることができます。
JAL SKY Wi Fi00009

JAL SKY Wi-Fiでブログをアップしてみた感想と注意点

30分プランを使ってみてわかったことは次のようなことです。

プランは2種類

前述のとおり、プランは、30分プラントとフライトプラン(航路中使い放題)があります。
このうちフライトプランは、スマートフォンと、タブレット&パソコンの2区分あります。

タブレット&パソコンだと、羽田・那覇で1,200円です。
最初に接続したのが、PCだったので、フライトプランが1,200円と表示されましたが、スマホで接続しているとフライトプランは700円です。
最初にスマホでフライトプランに接続すると、PCでは使えないということになります。
JAL SKY Wi Fi00004

iPhoneでも使える

iPhoneでも今回接続してみました。
同じように、Wi-Fiで、gogoinflightを選択してつなぎます。
JAL SKY Wi Fi00008

複数端末では使えない

PCでつないでいて、iPhoneで接続するとPCの接続が切れました。
同じIDでも複数端末では同時に使えません。
これは1つの回線を複数人で使えないようにするためなので、当然のことでしょう。

チャットは便利!

利用中はチャットで質問ができます。
トップページの[メニュー]から、[ライブヘルプ]を選ぶと、
JAL SKY Wi Fi00006

こんな感じで質問ができました。
(この記事を書くためいろいろ質問してみました)
JAL SKY Wi Fi00003

機内で答えてくれるのではなく、地上の専門スタッフが答えてくれるしくみです。

スピードはそこそこ

回線スピードはそこそこです。
(計測ができなかったのですが)

衛星回線を使っており、利用者数(接続者数)、航路の状況によってスピードは変わるということでした。
体感的には、テザリングをしている感じで、そこそこのスピードです。
光回線ほどのスピードは感じませんでした。
普通に使うには問題ありません。

ただ、昨日のブログをアップするときには時間がかかりました。
容量が大きなものがネックなのかもしれません。
回線がどうしても不安定になり、途中でアップロードが途切れた可能性もあります。

JAL SKY Wi Fi00002

利用できる路線が限られている

現在(2015年3月)、JAL SKY Wi-Fiを使える路線は限られています。
次の路線です。

東京(羽田)-福岡線
東京(羽田)-札幌(新千歳)線
東京(羽田)-大阪(伊丹)線
東京(羽田)-鹿児島線
東京(羽田)-沖縄(那覇)線
東京(羽田)-松山線
東京(羽田)-山口宇部線
東京(羽田)-熊本線
東京(羽田)-小松線
東京(羽田)-大分線
東京(羽田)-長崎線
東京(羽田)-徳島線
東京(羽田)-岡山線
東京(羽田)-高松線
東京(羽田)-函館線
東京(羽田)-広島線
東京(羽田)-高知線 ※3月29日~
東京(羽田)-帯広線 ※3月29日~
東京(羽田)-青森線 ※3月29日~
東京(羽田)-釧路線 ※3月29日~
大阪(伊丹)-沖縄(那覇)線 ※3月29日~

使用機材によっても使えないケースがあります。

残り時間がわからない(30分プラン)

30分プランでは、残り時間はわかりません。
自分で覚えておく必要があります。
時間になると、こんな表示がでて、終了です。

JAL SKY Wi Fi00001

いろいろありますが、機内でWi-Fiが使えるのはうれしく、帰りにも使ってみようかと思っています。
使える路線に乗ったときは試してみていただければ。





【編集後記】
昨日から久米島に来ています。
これから久米島トライアスロンです。
昨日、試泳したところ、海もきれいなので楽しみにしています。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

久米島
JAL Wi-Fi
マグロの胃袋の唐揚げ

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』