「違い」は、上だけではない。下でも斜めでもいい

「違いを出す」「強みをつくる」というと、がんばって上に行かなければいけないイメージもあります。ただ、それだけではなく、下や斜めにも「違い」を出せるはずです。
DSCN0176
※上野動物園のフラミンゴ Nikon COOLPIX P900

上に違いを出す

違いを出すときに、一見わかりやすいのは、
・もっと高く
・もっと多く
・もっと大きく
・もっと派手に
・もっと重く
といった、もっともっと、つまり上を目指すことです。

・売上高
・仕事の数
・従業員数
・オフィスの場所
・オフィスの広さ
・広告の露出度
など、上を目指す方法はいくらでもあります。

ただ、圧倒的に上へいかないと目立ちません。
このフラミンゴの群れで、多少、首が長くても、足が長くても、色が濃くても目立たないでしょう。
DSCN0176

売上も1人で1億円ならすごいと思いますが、1500万円と1600万円ならそう違いはありません。
従業員が5名と10名、30名でどれくらいすごいか、違いが出せるか。
銀座にオフィスがあれば違いが出せるか。

・すごい知識を持っている
・すごい経験をしている
・業歴が長い
といったものもどのくらいであれば、違いが出せるか、定かではありません。

そして、長時間働いたからといって、違いが出せるわけでもないでしょう。

下や斜めに違いを出す

ひとりしごとでは、「違い」が重要です。
私も、「違い」を出そうとしています。

ただ、上にはとても出せません。
世の中上には上がいるからです。

もっとも戦わないようにしているのは、多さ、大きさ、長さ。
これらは、「上」です。


■スポンサードリンク


「上」はなく、横、もっといえば「下」や「斜め」に違いを出そうとしています。

その「違い」なら出せるからです。

独立後10年たって、1人であり、自宅で仕事しているし、お客様も少ない。

どうやったって上にいけませんので、斜め下で違うを出しています。
他にはないサービス、視点、個性で勝負しているのです。

ブログでも、アクセスがもっと多いブログはやまほどあります。
別の方法で「違い」を出すしかありません。

なお、価格で下に「違い」を出すのも戦略の1つですが、ひとりの場合は、それが難しい場合もあります。
慎重にいきましょう。

「違っているか」の確認が大事

「違い」を出す上で、重要なのは、「違っているか」を確認すること。

同業、同ジャンル、同カテゴリの人をチェックしていないと意味がありません。
以前は、私も「同じような人を見ていてもしかたない、その人の上にいかなきゃいけないんだし」と思っていました。

「下」や「斜め」に違いを出すなら、
・自分の立ち位置がどこか
・周りにはどういう人がいるか
つまり、
「違っているか」
を確認しなければいけません。

自分と似たような人ですごい人がいたら、その人との違いを「下」や「斜め」に出していく必要があります。
トライアスロン税理士だって、ブログ税理士だって、Excel税理士だっていましたし、今もいますので、違いを出せるよう、虎視眈々と研究しているのです。
ドローン税理士はまだいません。

イクメン税理士は強敵がいるのでそことは戦わないように、「下」や「斜め」に行くつもりです。

その他、Excelを教える、本を書く、セミナーをやる、生き方を伝える、独立をサポートするなど、様々な分野で「違い」を出さなければいけません。
自分が該当する分野を増やしつつ、それぞれで「違い」を出せれば、「違い」を組み合わせることもできます。

「違い」を出すときに研究するのは、表に出ている人、つまりアウトプットしている人だけで十分です。
なぜならアウトプットしているもので「違い」を判断されるからです。

「下」や「斜め」に違いを出すなら、自分の「違い」を積極的にアウトプットしていきましょう。
同じものはアウトプットする必要はありません。


【編集後記】

昨日、ダイバーシティの近くを通ったら、ガンダムは完全に撤去されていました。
次のガンダム(ユニコーンガンダム。秋に完成予定)を楽しみにしています。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

ニーアオートマタ サントラ
UPS集荷
ドローン検定1級申し込み

【昨日の娘日記】

■スポンサードリンク

お風呂で泣くので、洗う順番を変えたり方法を変えたり、ちょっと間をおいたり、逆に素早くやったり、いろいろ試しています。
確実に泣いてはしまうのですが。。

■スポンサードリンク



■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』