どんなにいい条件でも「雇われている」ことには変わりない

独立を躊躇すること、独立をやめようかと思うことは当然です。
十分考え、動きましょう。

IMG_7492

※六本木ヒルズにて iPhone X

独立しなくてもいい環境が増えている

独立を考えている方にとって、悩ましい問題があります。

それは、独立しなくてもいい環境が増えているということです。

・「働き方改革」により、仕事の環境がよくなる(可能性)
・副業解禁により、自由な働き方が増える
・人手不足により、転職しやすい環境、給料が増える可能性

独立すれば、
・給料はなくなる
・仕事をとらなきゃいけない
・事務や経理の仕事もある
・きれいなオフィスはなくなる
・頼れる上司はいなくなり、自分で責任をとらなきゃいけない
といった状況になります。

大事なたった一度きりの人生。
何も独立しなくてもいいという考え方もあるでしょう。

そして、すでに独立している場合にも、風が吹いています。

ヘッドハンティングという誘惑

独立している人に、「うちに来ない?」というのが増えています。
いわゆるヘッドハンティングというやつです。


■スポンサードリンク

人手不足なので、いい人材が欲しい、かといってゼロから育てるには・・・ということで、白羽の矢がたつのが、独立している人。
独立するくらいだから、それなりに仕事はできるという見込みもあるでしょう。

安定した給料がなくなり、なんともいえない不安をかかえているところに、
・給料〇〇円!
・きれいなオフィス
・大きな仕事
という条件があれば、乾いているのどに冷たい水をそそがれるかのように、魅力的であるのは事実です。

1万円どころか、1円を稼ぐのも大変な独立後。
「いろいろあったけど、給料ってありがたかったよね」

「ボーナス時期が懐かしいなぁ」

「営業(または経理)をやらなくていいって幸せだったなぁ」

とたそがれているときに、甘い誘いがあったら、いちころでしょう。

私には来ませんが……。

さらには、前述した、仕事環境が整っているという状況もあります。

「通勤嫌いなんで」→「いやいや、通勤なんてしなくていいですよ」
「人がいるところで仕事したくないんで」→「個室ありますよ」
「会議とか苦手で」→「いまどき会議なんてしませんよ、チャットで十分」
「スーツ着れないんですよね」→「服装、自由ですよ」
「保育園の送り迎えしたいですし」→「自宅で仕事してもらって大丈夫ですよ」
「管理職とか興味ないんで」→「ずっと現場で、専門職として活躍してもらえれば」

自由を求めて独立したのに、「なんだ独立しなくても自由じゃん!しかも給料あるし」という誘いが来るかもしれません。
私には来ませんが……。

「独立しようかなと思います」といったとたんに、いい条件を提示されるかもしれません。

どんなにいい条件でも断れるかどうか

私は、今でも「自由度のある会社員」が最強だと思っています。
会社、組織でしかできない仕事もありますし。
実際、そういった方もいらっしゃいますし、友人にもいます。

独立がすべてではありません。

ただ、独立したいと思う方、独立した方は、条件で選んだわけではないでしょうし、どんなにいい条件を提示されても、断れるはずです。
むしろ、それくらいでないと、独立後は、乗り越えられないでしょう。

どんなにいい条件でも、「雇われている」ことに変わりはありません。

自分で100%考え、自分で100%動き、自分の名前で100%仕事をすることは、独立後にこそできることです。
独立したいなら、早く独立し、独立後の経験を積んでおきましょう。
今は、いい環境かもしれませんが、それがずっと続くとは限りません。
そうなってから独立というのでは、遅すぎる場合もあります。
独立用の、知識、スキル、メンタルは鍛えていかなければいけないものです。
「雇われている」ときとは、また違うもので、別の競技ともいえます。

直近1年の売上は、こんな感じですから。
本来はもっと安定しているのでしょうが、私は、こんな感じです。
それでも、独立のほうがいいと思っていますし、どんな誘いがきても動じません。
(たぶん。まあ、こないでしょうが)

image

「独立しようと思ったけど、やっぱやめた」

「独立したけど、やっぱ戻る」
もアリです。
ただ、独立を本当にしたいなら、本当に続けたいなら、どんな誘いが来ても断る自分の軸をつくりましょう。
たとえ時間がかかっても。


■編集後記

うちの近所は、いいスーパーがないのがデメリットです。
特に、魚は壊滅的で。
Amazonフレッシュで頼みつつも、仕事帰りに買うことが多いです。
昨日も目黒で、さんまやカニを仕入れました。
娘が魚貝類のだしが好きなので。
さんまは昨日「おいしー」と食べてました。
カニを見せたら怖がっていましたが。

■昨日の1日1新
※詳細は→「1日1新」

SONY HT-Z9F リアスピーカー

■昨日の娘日記

前日からパパ嫌デーで、昨日の朝も嫌嫌で、保育園も無理かなと思っていましたが、けろっと大丈夫でした。
迎えにいってからもいつもどおりに。

保育園の先生は、「低い声でパパの真似をしたらウケてましたよ」と。
そんな遊びせんでも……。


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』