「送付状」は必要か?→必要ならさくっとマクロで

当然のようにやっている仕事でも、本当に必要かというと、そうではないものも多いでしょう。
場合によっては思い切ってやめるという決断も必要です。
例えば「送付状」もその1つといえるかもしれません。

「FAX送付状」と「送付状」

はじめて就職した総務省で、疑問に思ったのが、「FAX送付状」と「送付状」の違いです。
当時、FAXを送るときは、「FAX送付状」、郵送で送るときは、「送付状」を使っていました。

FAXで送ったり、郵送で送ったりするたびに、ファイルを使い分けるのはめんどくさいです。

文面もほぼ同じですしね・・・・・・。
そこで、「送付状」というファイルだけにして、FAXで送るときも「FAX送付状」ではなく、「送付状」を使っていました。

「送付」という意味は変わりませんからね(^_^;)

こういうのは、上司に聞くと、なんだかんだと却下されるのでこっそりやる主義でしたw

メール・窓付封筒なら送付状はいらない

今はFAXを使っていません。
メール中心ですし、紙の資料もスキャンや写真で送受信できるからです。

メールを使うときは、送付状は必要ありません。
(送付状を作らないためにメールを使っているわけではありませんが(^_^;))

郵送している請求書は、窓付封筒を使っています。
IMG 2226

ほんの少しコストはかかりますが、送付状を作らなくてすみますし、郵送物の宛先を間違えてしまうというミスも起こりません。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


送付状を作るシーンはほとんどないと言えるでしょう。

もし作るならさくっと

送付状が必要かどうかを考え、必要ないなら作らないというのがベストです。
それでもどうしても作らなければいけないのならば、効率化して、さくっと作れるようにしておくべきでしょう。

私自身も送付状を作ることはあります。

先日、行ったExcelマンツーマンレッスンで、質問のあった事例の1つに、送付状作成がありました。
私がアドバイスをしながら、マクロを使ってその場でファイルを作っていただいています。

送付状リストを作成し、リストから送付状を作るしくみです。
送付状リストは送付履歴としても使えます。

シートごとに送付状が作成され、シート名は「日付+送付先」に自動的に変わります。

サンプル及び動画を作ってみました。マクロはショートカットキーをあらかじめ設定しています。
リストから番号を選択して、マクロを実行させます。

○サンプル

http://bit.ly/zmhq1O

※動画のように番号を選択して、マクロを実行してください。ショートカットキーはCtrl+Shift+Mです。

■スポンサードリンク

※シート「データ」の項目を増やして試してみてください。

○動画

※このマクロは、入門セミナー終了後に書けるようになります。

残席3名 ☆3/18経理&会計のためのExcelマクロ入門セミナー→詳しくはこちらの記事で

必要な仕事かどうかをまず考え、代替できるものがあれば代替する、不要だったらやめる、

必要であれば、徹底的に効率化する
という2段階の考え方が重要でしょうね。

何よりも大切なのは、送付状ではなく、送る資料の方でしょうし。





■スポンサードリンク
【編集後記】
東京は昨日、今日と天気が悪いです。
軽く走ろうと思っているのですが、なかなか(^_^;)
今日はプールにでも行こうかと考えています。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###