自分で自分にカードを出せるか?

フリーで仕事をしていると、「自由でいいね〜」といわれることも多いです。
しかし、実際は、フリー=自由ではないこともあります。
むしろ、自分でルールを厳格に決めていかなければいけないため、かえって大変なこともあるのです。
スクリーンショット 2012 03 07 8 08 24

ルールからの自由・・・・・・

フリーになると、いつ仕事を始めるか、どのくらい仕事をするか、いつ仕事を終えるかを自由に決めることができます。
めんどくさい上司もいなくなりますし、無駄な会議もありません。

会社にいたときに縛られていた一切のルールから解放されるのです。

しかし、自由に仕事をしているだけでは、成果は出ません。
お金が入ってこなければ、仕事、生活を続けることはできなくなってしまいます。
かえって苦しくなることもあるでしょう。

ルールがあった方が楽

私はフリーになって4年半ほどになります。
その中で感じたのは、「ルールがあった方が楽」ということです。

しかも厳格なルールです。
会社にいたときのルールと異なり、自分でルールを作らなければいけません。
どうしても自分には甘くなりがちですが、甘いルール=ルールがないことと同じことです。

だからこそ、タスク管理、やらないことリスト、ポモドーロなどで厳しく縛っています(^_^;)
ブログやメルマガ、Twitter、Facebookにもその役割があります。

・時間を加味したタスク管理 | EX-IT

タスク管理の本質 | EX-IT

・途中で帰りたくなったセミナー ーExcelによるタスク管理ー | EX-IT

■スポンサードリンク

・迷いを捨てるための「やらないことリスト」 | EX-IT

・「やらないことリスト」を守る工夫 | EX-IT

・集中力を管理できるポモドーロテクニック | EX-IT

自分にカードを出せるかどうか

サッカーのカード(イエロー→警告、レッド→退場)は、レフェリーが選手に出します。
そもそもは他人に対して出すものなのです。
フリーになると、自分にもカードを出せるかがより重要になります。

「これをやったらイエローカード!、これをやったらレッドカード!」というリストを作って毎朝見るようにしています。

フリーがいい、会社員のままがいいとは言い切れません。
どっちもどっちだと思います。
私は自分でルールを作ることができるフリーの方が楽しいです(^_^)





【編集後記】
ここ数日、税務に関する原稿を少しずつ書いています。
ちょっと特殊なテーマなので、事前に数冊の本でおさらいしました。
執筆の仕事は、知識の整理にもなりますので、ありがたいです。
もちろん、自主的にやっているブログやメルマガも同じですね(^_^)

■スポンサードリンク
■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』