IF関数よりもかんたんなVLOOKUP関数で条件を判定する方法

Excelで条件を判断するには、IF関数を使うことが多いです。
しかし、条件が多くなる場合には、VLOOKUP関数を使った方が便利なときがあります。
スクリーンショット 2012 04 19 9 54 58

IF関数の欠点

今回の事例は、20点未満だとE、20点以上50点未満だとD、50点以上60点未満だとC、60点以上80点未満だとB、80点以上だとAと表示するものです。
黄色い部分に点数を入力すると、オレンジの部分にランクが表示されます。

IF関数だと、次のように入力します。
結構、入力が大変ですし、ミスの可能性も大きいです。
スクリーンショット 2012 04 19 9 55 15

IF関数は、条件分岐が多くなればなるほど、難しくなりますし、条件の数にも限界があります。

VLOOKUP関数を使うと

そこで、こういった条件判定の場合にはVLOOKUP関数を使ってみましょう。
次のような数式を入れます。
セルB8の数値(「75」)をセルA1からB5の範囲から探して、左から2列目を表示させるという意味です。
スクリーンショット 2012 04 19 9 55 30

VLOOKUP関数の一番右の要素には、通常「FALSE」を入れます。
「FALSE」だと完全一致のものを探して出して表示します。
試しに「FALSE」にしてみると、
スクリーンショット 2012 04 19 10 08 00

エラーが出ます。
「75」がセルA1からA5にはないからです。
スクリーンショット 2012 04 19 10 08 10

「TRUE」だと近似一致、つまり近い数値を探し出すので、この事例のような「〜以上」という表を作っておけば、IF関数と同じように使えます。

WS000000

データの中で使うなら、こんな使い方もできます。
数式をコピーする際は、範囲の「A1:B5」を絶対参照にしておきましょう(F4キーを押します)
コピーしても数式が崩れなくなります。
スクリーンショット 2012 04 19 9 53 55


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


メンテナンスも楽

VLOOKUP関数だとメンテナンスも楽です。
判定の基準を次のように変える場合でも、参照する表さえ変えておけば大丈夫です。
「75」は、60以上80未満なので、Cランクと表示されます。
スクリーンショット 2012 04 19 9 56 17

IF関数だと数式を全部修正しなければいけないので大変です。

条件が多いときは、VLOOKUP関数を使ってみてください。





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日、病院に行き、ようやくせきが止まりつつあります。
枯れていた声もだいぶ戻ってきました。
年齢を重ねるにつれて、風邪が治りにくくなっている気がします(^_^;)




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###