・セミナーを開催する側と受ける側

セミナーを開催する側と受ける側の両方を経験しています。
どちらの場合も目的は同じものです。

それは「セミナーを開催する側からセミナーを受ける側に提供したこと」を「セミナーを受ける側」が実践し身につけることでしょう。

「セミナーを開催する側」のときは、どうやったら実践していだだけるか、身につけていただけるかを考え、「セミナーを受ける側」のときは、必ず実践し、どうやったら身につくかをとことん考えています。

セミナーを開催する側の工夫

セミナーを開催する側としては、セミナー中にいかに印象づけ、セミナー後に実践していただくしくみを提供するようにしています。

質問受付期間をもうけたり、フォローメールを送ったり、復習に必要な資料を送ったりと試行錯誤しています。
最近のセミナー『Excel基礎力養成講座スピードマスター』では、21日間、課題と
動画解説を送るということをやっています。
今日で3回目の配信です。
サンプルとして3回目の動画解説をYoutubeにアップしました。
(音声が出ますのでご注意ください)

Excelの操作は、どう動かすかを動画で見た方が理解が進むと考えています。
Excelを操作していると、「今、何をやったか分からない」と言われることも多いです。そこで、動画ではさりげなく使っているショートカットキーや操作もキャプションで解説するようにしています。
※動画の下のCCというアイコンをクリックするとキャプションがでます。

毎日配信していますが、ご自身のペースでやっていただき、たまに見返していただければ思っています。

11月27日(日)の関数マスターでも同様のアフターフォローを行います。

・Excel基礎力養成講座(スピードマスター・関数マスター)開催のおしらせ

セミナーを受ける側の工夫

セミナーを受ける側では、セミナー中にいかにメモをとり、それを実践するかを考えています。
先日参加したセミナーのメモです。
メモは、セミナーの内容と言うより、今後のネタ、やるべきことが中心となっています。いかに実践するかを考えると、セミナーの要約をメモしても意味がないからです。
前回はメモ帳を忘れ、裏紙に書くという始末・・・・・・。
これでもしっかりメモっています(^_^;)実践することが大事なのです。
IMG 1246

このメモを「翌日までにEvernoteに入力し、整理する」というのを自分の絶対的なルールにしています。
セミナーの復習にもなりますし、より実践に近づくからです。
もちろん、実践すべきことは、タスクリストに入れていきます。

スクリーンショット 2011 11 02 8 03 38

実践するのは5%?

「セミナーに参加しても実践する人は5%」といわれます。ときには1%ということもあるでしょう。
セミナーを開催する側としても、受ける側としても、そんな通説には抗いたいものです。

=========================

【編集後記】
今、ブログ移行の準備をしています。
ブログサービスを使わずに独自で運営する形式になります。
今は新ブログにも投稿しつつ、このアメブロにも投稿しているところです。
移行の時期が決まったらお知らせいたします。

■スポンサードリンク

■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』