ガンガン捨てていくべきブログネタ

ふと思い立って、昨日、ブログネタを整理しました。
スクリーンショット 2012 06 23 5 03 50

ネタをストック?

毎日ブログを書いていると、「膨大なネタのストックがあるのですか?」と聞かれることがあります。

ある意味、ストックしているともいえますし、ストックしてないともいえます。

ブログネタをためていますが、その中から書くというより、朝思いついたことを書くようにしているからです。
3日に一度くらい、「何を書こうかなぁ」とネタ帳を眺めることはあります。

アウトプットの種類により、ネタも異なります。
常時あるアウトプットは次の3つです。
・当ブログ
・メルマガ「税理士進化論」
・メルマガ「税務会計サードオピニオン」

原稿執筆やセミナーがある場合は、一定期間そのネタ帳を作ります。
ブログやメルマガのネタで、該当するものがあれば、それを入れる場合もあります。
今だと、
・執筆中の書籍
・7/13『タスク管理塾』
が中心です。

通常のブログ、メルマガに加えて、これらのアンテナが立っています。

昨日は、ブログに関するネタを整理しました。
似たようなものと統合したり、すでに書いたもの、いらないものを削除したりしています。
整理後でも、ブログで577、メルマガで619あります。

これが多いか少ないかはわかりません。
すべてが記事にできるものではありませんし、一言だけのものも多いですけどね。

スクリーンショット 2012 06 23 5 18 38


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


ネタの記録

ネタを記録しているのは、Evernoteです。
どこでも閲覧、編集ができますし、iPhoneとの連携もスムーズにできます。

iPhoneで使っているのはFastever(右下から2番目のアプリ)です。
IMG 3642

「いいネタを思いついたんだけど、なんだったっけ?」
ということをなくすために、常にメモできる体制にしています。
もしiPhoneが使えないときは、紙にメモして、翌朝必ずEvernoteに転記します。

思いついたネタは99%記録できています。

どれだけネタを捨てられるか?

ストックが山ほどあるとはいえ、そのすべてを書くことはできません。

今ある577のネタは、徐々に増えていきますし、ほとんどが日の目をみないでしょう。

ただ、「どれだけネタを捨てられるか?」というのは重要だと思うのです。

よく、「書籍を書くには、その3倍の文章を書くべき」といういわれます。
実際に私が書いた2冊の本はそのくらいの文章を書きました。
今書いている書籍も、それくらい書くことになるでしょう。

ブログも同じです。
あれも書きたいこれも書きたいと思いがちですが、膨大なネタを捨ててこそいい記事が生まれます。

ネタがよくても必ずしもいい記事になるとはいえませんし、うまく表現できないこともあるのが悩みの種です(^_^;)

■スポンサードリンク

「ブログを書きたいけど、ネタがない」という方は、ネタを大事にしすぎかもしれません。
ガンガン捨てるつもりで思いつくといい流れになります。





■スポンサードリンク
【編集後記】

8月の北海道行きのフライトをエアアジアで予約しました。
往復で2万円ちょっとなのは魅力です。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』