買ってみてよかった! MacBookPro Retinaモデルを1週間使ってみた感想・気づいたこと

MacBookProのRetinaモデルを買って1週間。
いろいろと気づいたことをまとめてみました。
IMG 3643

1 Airより重いけど許容範囲

MacBookProのRetinaモデルは約2kgです。
私が持っているMacBookAir11インチ(約1kg)に比べると重いのですが、許容範囲です。
2010年5月から2011年6月まで、旧MacBookPro15インチ(約2.5kg)を持ち歩いてたからそう感じるのかもしれません。

より薄くなったのも影響があるでしょう。
IMG 3647

2 カフェでは大きい・・・・・・

15インチは、やはりカフェでは大きいです。
テーブルにのらない場合もあります。
ただ、私の場合、合間にセミナースライドを作ったり、Excelで資料を作ることも多いので、大きい画面は使いやすいです。
Wordファイルも2ページ表示できます。
IMG 3643

3 アダプタの取扱に注意

今回リニューアルされたMacからACアダプタ(MagSafe)の形状が変わりました。
より小さく薄くなっています。

IMG 3648

これまでのACアダプタは使えないわけです。
そこで、このような変換アダプタ(980円)を使います。

IMG 3649

これを忘れると電源につなげなくなるので要注意です。
持ち歩くのは新ACアダプタで、変換アダプタはオフィス用にしています。

IMG 3650

4 解像度を変更可能

新MacBookPro Retinaモデルの魅力は、高い解像度です。
多くの情報を表示できます。
しかし、その分文字が小さくなるのが難点です。

そこで、解像度を変更できる機能があります。
スクリーンショット 2012 06 22 9 20 00

最大解像度
スクリーンショット 2012 06 22 9 21 45

標準
スクリーンショット 2012 06 22 9 22 15

最小解像度
スクリーンショット 2012 06 22 9 23 51

解像度によって文字の大きさや表示範囲が異なります。
私は最大解像度にしています。
(ツールによりもっと大きくすることもできるそうです)

5 サイトの画像やソフトの一部がぼやける

表示されるテキストはきれいになったのですが、画像によってはぼやけて見えます。
画像の解像度にもよるのでしょうね。
意外と気になります(^_^;)

左がRetina、右が従来のものです。
左の方がフォントはきれいですが、画像(facebookのロゴ、上部のアイコン)はぼやけています。
スクリーンショット 2012 06 22 9 25 37

愛用していたReederも赤囲みの部分がぼやけます。
最近はウェブのGoogleリーダーに切り替えました。
スクリーンショット 2012 06 22 9 28 10

メールソフトSparrow(Gmailと連動するソフト)も赤囲みの部分がぼやけます。
スクリーンショット 2012 06 22 9 26 14

そのうち対応するとは思いますが、ウェブのGmalを使うようにしています。

その他、ExcelやWord(Mac版)がRetina(高解像度)に対応していないという問題もありますが、フォントがきれい、速いという大きなメリットのおかげで、機嫌よく使っています。
先日会った友人にRetinaの画面を見せたら、翌日に早速購入してしました(笑)
そのくらいのインパクトはあります。





■スポンサードリンク

【編集後記】
6月8日に開幕したEURO2012(ヨーロッパ各国のサッカー大会)、今日から決勝トーナメントです。
これから7/1の決勝まで楽しみが続きます(^^)