中・長期的な目標をたてるべきか

昨日、≪タスク管理塾≫を開催しました。
複数の参加者の方から、「中、長期的な目標はあるんですか?」という質問がありましたので、それについて書いてみます。

スクリーンショット 2012 07 14 8 21 27

中・長期的な目標

3年後にどうしたい、5年後にこうなっていたい、10年後に・・・・・・と中、長期的な目標を立て、その目標に向かって毎日何をやるかを決める方法があります。
目標設定セミナーや本ではよく見かけますね。

この手法だと、日々のタスク管理をする上でも中・長期的な目標は欠かせないでしょう。

ただ、私はこの方法が合いませんでした。

中・長期といっても、状況は刻一刻と変わりますし、おぼろげに「こうなりたい」というくらいにしか考えていません。

一応ありますが、意識はしてなく、日々のタスク管理時にも考えていません。

目標リストとやらないことリスト

もちろん目標リストはあります。
今後こうなりたいというものを300くらいのリストにして保存していますが、普段は見ません。
1年に1度くらい見て、「あ、これはかなったな」とほくそ笑むくらいです(^_^;)
目標を毎日見ていた時期もありますが、このように「知らないうちにかなった」くらいがちょうどいい気がします。
自分の状況や回りの環境で、やりたいことも随時変わるからです。

一方で、自分でやらないと決めたことは毎日見ています。
「やらないことリスト」は自分でやらないと決めたものなので、守らなければいけないからです。
油断するとすぐに破ってしまいます。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


目標は無意識にかなってもいいものですが、やらないことは無意識にやってしまってはいけません。

やらないことリストが日々の行動、タスク管理の軸になっています。

「いつか」を禁句に

1年ほど前に、「いつか」を禁句にしました。
「いつか〜やりたい」というものを言葉にしない、心に思い浮かべないようにしたのです。
(定着までにはもうちょっとかかりそうです)

これは目標を意識しないことと共通しています。
実現すると決めたことしかタスクリストやスケジュールには入れません。

少々つらいときもありますが((^_^;))、この禁句のおかげで物事が実現する確率が上がりました。

なぜ「いつか」なのか、今日や明日、今年じゃダメなのか

と考えるようになったのはいい影響です。

たとえば、

・トライアスロンのアイアンマン(スイム3km、バイク190km、ラン42.195km)にいつか出たい

と思わずに、

■スポンサードリンク

・2013年の宮古島トライアスロンに出る

(抽選となりますが)

という決めてから意識するようにしました。

禁句マニアの私としては、なかなか気に入っています(^^)

目標達成には、目標を明確に決めた方がうまくいく方と、明確な目標を決めずに日々積み重ねていった方がうまくいく方の2種類のタイプがあるといいます。
私は後者なのでしょうね。





■スポンサードリンク
【編集後記】

タスク管理塾、次回の開催は8月3日(金)です。
申込受付を開始しました!

8/3(金)タスク管理塾




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###