ピボットテーブルが集計されない理由と対処方法

「ピボットテーブル 集計されない」という検索がされていました。
その理由を考えてみます。
画面・操作はExcel2010です。
スクリーンショット 2012 08 13 7 09 47

ピボットテーブルを[更新]していない場合

ピボットテーブルは、データから表を作る機能です。
サンプルでは、左側のデータから右側の表を作っています。
スクリーンショット 2012 08 13 7 09 47

1クリックで、こういった表にすることも
スクリーンショット 2012 08 13 7 15 47

こういった表にすることもできるので非常に便利です。

スクリーンショット 2012 08 13 7 17 02

ただし、注意しなければいけない点もあります。
たとえば、データの一部を修正した場合(個数を10に変更しました)、表には反映されません。

スクリーンショット 2012 08 13 7 18 11

ピボットテーブルは、[更新]という処理が必要なのです。
[更新]は右クリックメニュー、Alt+F5、リボンから行うことができます。
[更新]すると、
スクリーンショット 2012 08 13 7 19 33
このように表に反映されます。
(合計値が変わっています)
スクリーンショット 2012 08 13 7 19 42

ピボットテーブルの範囲外にデータを追加している場合

次に考えられる理由は、データの追加に関するものです。


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

井ノ上陽一のプロフィール
■11/24東京・11/5福岡WordPressブログ入門セミナー
※11/29または12/1で名古屋でのセミナー、コンサルティングを承っております。 ■個別コンサルティング
■セミナー要望フォーム
■スポンサードリンク


25行目に新しくデータを追加しても、表は変わりません。
[更新]しても同様です。
スクリーンショット 2012 08 13 7 22 01

こういった場合、ピボットテーブルをクリックして、[ピボットテーブルツール]の[オプション]→[データソースの変更]をクリックします。

スクリーンショット 2012 08 13 7 23 35

ピボットテーブルの範囲がA1からG24までになっていることがわかります。
スクリーンショット 2012 08 13 7 25 35

範囲外にあるデータは反映されませんので、この範囲を修正する必要があります。

ただし毎回、修正するのも大変なので、
通常は、
・データを列(この場合、A列からG列)で指定する
・テーブルを使う
などといった方法でピボットテーブルを作ります。
[テーブル]はピボットテーブルを作るときにも便利 » EX-IT

データに空白行がある場合

データの作り方に問題があるケースもあります。
ピボットテーブルを作る際には、データのどこかをクリックして、[挿入]→[ピボットテーブル]を選びます。

スクリーンショット 2012 08 13 7 30 05

この操作方法だと、自動的にピボットテーブルの範囲を指定してくれるので便利です。
ただし、データに空白行があると、Excelはその空白でデータが終わっていると認識します。
正しくデータを指定できないわけです。
この状態でピボットテーブルを作ってしまうと、集計されないデータがでてしまいます。

スクリーンショット 2012 08 13 7 31 33

ピボットテーブルだけではなく他のケースでも不都合な点が多いので、Excelのデータには空白行を作らないようにしましょう。





【編集後記】

■スポンサードリンク

昨日は、同窓会明けでやや起きるのが遅れましたが、終日執筆。
書いているのは雑誌の「環境関連投資税制」の記事です。
今日、仕上げます(^^)

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』