リセットと仕事以外が重要〜『50代からの選択ービジネスマンは人生の後半にどう備えるべきかー』より〜

ちょっと早いのですが、『50代からの選択』という本を読み、いろいろ考えることがありました。
IMG 4412

50代

今回、読んだのは、大前研一さんの『50代からの選択ービジネスマンは人生の後半にどう備えるべきか』という本です。
大前さんの本は、根こそぎ読んでいますし、最近また読み直しています。
ただ、この本は『50代』というタイトルでしたので、読んでいませんでした。
私は39歳なので、今の段階でもちょっと早いのですが、今年40歳になることもあり、次の10年を考える上で読んでみたくなったのです。

50代でやるべきこと

本書によると、

”30代は仕事における旬の季節、50代は残りの人生について考え、行動を起こす旬の季節”

ということです。
「残りの人生について考え、行動を起こす」というのは、40代でも早すぎると言うことはないと思っています。

その「行動を起こす」ためには、リセットが必要だとのことです。
50代になると、過去の知識や経験が染みついてしまいます。
一度リセットして、残りの人生について考える必要があるのことでした。

”リセットというのは、僕の中では前に進むために欠かせないプロセスで、変なものをいつまでも追っかけるより、ずっと建設的なことなのである。”

これは会社員だけではなく、経営者やフリーランスにも必要だと思うのです。
ビジネスが軌道に乗り、会社が大きくなると、それまでの延長線上を進んでしまいがちでしょう。
一度、どこかでリセットすべきというのは50代に限らず常に言えることではないでしょうか。

仕事を変えるというわけではなく、プライベートにやることを変える、住む場所を変える、考え方を変えるなど様々な方法があります。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


仕事以外のことも重要

大前さんは、50歳でマッキンゼーを退職し、さらに活動の場を広げています。
その激務をこなしながら、世界中を飛び回り、休日はオフロードバイクやジェットスキー、スノーモービル、クラリネットなどを楽しまれているそうです。
人生をどう楽しむかを考えると、やはり仕事以外のことも重要になるのでしょう。

”最後の瞬間のために重要と思えるもの、これをやっておかないと老後の楽しみが減るよな、というものは「能動的行動」のプラスカテゴリーに入れて精を出す。あんまり重要ではないよな、と思えるものは、頼まれたらやる、しょうがないからやるという「受動的行動」のマイナスカテゴリーに入れている。”

”やりたいと思っていることがあるなら、やりたいと思っている今が旬である。先送りする理由など何もない。定年後に、それをやって楽しいかどうかわからない”

私がトライアスロンをはじめたきっかけは本田直之さんです。
もっとさかのぼると、その前に、大前さんの別の本で「休日も楽しんでいる」のを知ったことがきっかけといえばきっかけでした。

スポーツや旅行は、年齢とともに楽しみ方が違ってきますので、なおさら先送りする理由はありません。

「時間がない」というのは理由にならないでしょう。
”「そんなこと言われても、仕事が忙しくて時間がとれない」というのは、言い訳にすぎない。忙しい、忙しいと言っているサラリーマンでも、ダラダラとテレビを見ていたり、ごろ寝をしていたりで、案外ムダな時間を使っている。こういう時間をリストラすれば、必ず好きなことをやる時間は捻出できるはずだ”

20代・30代前半だとぴんとこないかもしれませんが、30代後半であれば、得るものが多い本かと思います。





■スポンサードリンク
【編集後記】

昨日はアポをいれず、自社の月次決算や月初の業務に集中。
夜は軽く泳いで、軽く走って、体のメンテに行ってきました。

■スポンサードリンク



■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###