・MacでもWinでも使えるATOKPassportに切り替えました。

昨日から発売されたATOK Passportに切り替えました。
スクリーンショット 2011 11 09 7 27 45

Windows、Mac、Android上で最新のATOKを月額300円で使うことができます。

私はAndroidは持ってませんが、Macをメインに使い、Mac上でWindowsを使っているので、かなりうれしいことです。
WindowsではExcel、会計ソフト、税務ソフトを使い、Word、プレゼンテーションソフト(Keynote)、ウェブ、Evernoteなどその他のものはすべてMacを使っています。

これまではMacで300円、Windowsで300円支払っていました(^_^;)
(Atok月額サービスという名称でした)

Atokの魅力についてまとめてみました。

1 変換がかしこい

Mac標準の「ことえり」、Windows標準の「IME」と比べると変換のストレスがありません。長い分や特殊な単語も変換できます。
昔、「IME」を使っていた頃は、多くの単語を登録していましたが、ATOKでは登録をほとんどしていません。

「あいふぉん」と入力して、「iPhone」が出てくるのもうれしいところです。
(「ことえり」だと出てきます)

「いのうえ」と入力すると、ちゃんと「井ノ上」と出てきます(^^)
(「ことえり」だと出てきますが、「IME」だと出てきません)

スクリーンショット 2011 11 09 7 24 57

こう考えると、「ことえり」でもいいんじゃないかと思うのですが、重大な欠点があります。

それはF10変換です。

私はこれをよく使っています。
例えば、「Atok」を入力するときには、ひらがなモードで、A→T→O→Kとタイピングします。

表示は次のようになりますが、ここでF10キーを押すと、

スクリーンショット 2011 11 09 7 26 59

このようにすべて小文字、すべて大文字、頭だけ大文字という候補が出てきます。
いちいち日本語モード、英語モード(日本語モードOFF)を切り替えなくても済むのです。
(「IME」では同様の操作ができます)

スクリーンショット 2011 11 09 7 27 14

ATOKが今のところ、私の操作方法にマッチングしているので重宝しています。
同じく無料の「Google日本語入力」もありますが、私の使い方だとキー設定がうまくできないので、使っていません。

2 MacとWindowsの入力系の操作を統一できる

前述したようにMacとWindowsを同時に使い、随時切り替えていますので、入力系の操作が同じなのはうれしいことです。

3 安い

以前、MacとWindowsそれぞれで300円支払っていたときは、年間使用料は300円×2×12=7,200円。パッケージ版をそれぞれ買うよりも安いです。
ATOKPassportは、私の知る限りパッケージ版と同じ機能なので、お得ですね。
今月からは300×12=3,600円になります。(^^)
自分自身が使用するという条件で10台まで導入できます。

なお、ATOK月額サービスからATOKPassportの切り替えは、JUST.SYSTEMSのオンラインショップでできます。
ログインしてATOKPassportの購入をすれば、月額サービスは解約されます。
ちょっと分かりづらかったですけどね。

入力のスピードは仕事のスピードアップにつながります。
無料体験(30日)もあるので、是非試してみてください。

ATOK.com | ジャストシステム
ジャストシステムの日本語入力「ATOK(エイトック)」の公式サイトです。あなたのことばを伝えるためのパートナーとして、日本語を使うすべての方へお届けします。Windows、Mac、Android、iOSから、あなたにぴったりのATOKをお選びください。

=========================

【編集後記】

東京はずいぶん寒くなりました。
そろそろトレーニングがつらくなる頃ですが、ここが踏ん張りどころだと思っています(^_^;)

 

Spread the love