青色申告

?? 昨日、お客様から捺印をいただいた届出書を本日郵送で提出します。
 その中の1つに「所得税の青色申告承認申請書」というものがあります。
 これは、開業の日から2カ月以内に提出しなければなりません。
 提出期限があるもの=提出が遅れるとどうなるか?
 今年の申告は白色で行わなければなりません。
 青色申告とは、簡単に言うと「複式簿記、つまりちゃんと帳簿を付けるという条件で、いろいろなメリットを認めてもらえる制度」です。
 メリットのうち、おもなものを1つ挙げます。
 それは、青色申告特別控除です。
    
 税金は、その年の収入(500万)から経費(100万)を引いたもの(400万)にかかります。
 他の要素を考慮しないと、400万×10%の40万円が税金です。
    
 青色申告は、さらに65万円(簡易的な帳簿の場合10万円)を差し引くことができます。
 上記の例で言うと、400万-65万=335万。335万×10%=33.5万円が税金です。
 この届出を期限までに提出し、帳簿を付けるだけで6.5万円も税金が違ってきます。
   
 では、去年までの申告書が白色だと?
 その場合は、青色申告をしようとする年の3月15日までに上記の申請書を提出すればいいので、平成20年3月15日までに提出すれば、平成19年分は青色申告特別控除を適用することができます。
  
   




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク