【10/26-2】忙しい税理士?

 午前中に、セミナーで知り合った方が、雨の中、事務所に来てくださいました。

 この方は、金融機関にもいたことがあり、そのときのお話もうかがうことができました。

 びっくりしたのは、担当の会社の毎月の資金繰りや経営計画の相談も受けていたということです。そういった会社にも顧問税理士はいたようです。

 「税理士さんが忙しくて、そこまで見切れない。」

 というのが理由と言うことです。

 忙しい・・・・?では、どこまでやって報酬をもらっているのでしょうか?

 顧問先が多くて忙しいから、年1回くらいしか会えなくて、資金繰りなんか相談できない。でも、30年もやってるベテランの偉い先生だから仕方ないというのは、おかしいと思います。
 また、税理士はそういうものだという認識も依然としてあるようです。
 他にもいろんな話をお聞きしましたが、酷すぎて書けません。
 税理士業は、「先生」業という悪しき慣習を払拭しなければいけないと改めて実感しました。