歴史を繰り返さない

201

今日、ある方と話していて、改めて考えてみました。
典型的な税理士事務所として、
・顧客は多い

・スタッフは長時間労働、高くはない給料→辞めていく

・人が定着せず、当然サービスの質が下がる

というものがあります。
拡大とともに生じる質の低下・・・
この流れに陥らないようにしなければいけないと考えると、今やるべきこと、やってはいけないことがおぼろげながら見えてきます。
いつまで格好をつけていられるかどうかは分かりませんが、
目指す方向性は間違えないようにしたいものです。

Spread the love
前の記事コミットする
次の記事少しずついろんなことをやる
税理士 井ノ上 陽一
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『AI時代のひとり税理士』『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『新版 そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら