1,500円以上にするかどうするか

アマゾンで本を買う場合、1500円以上だと、送料無料になります。
出版する側は、これを意識しているんでしょうか?
最近1,500円の本が明らかに多いですしね。
・1,500円(税込) 送料0 総支払額 1,500円
・1,200円(税込) 送料300 総支払額 1,500円
比較すると、上の方がお得なような気もします。
もし本の値段が1,200円だったら、アマゾンで購入する方は、もう1冊合わせて購入して、送料無料にするかもしれません。
若しくは、送料がかかるんなら、書店で購入することを選ぶかもしれません。
書店で売る場合は、1,500円と1,200との差額300円がどのくらい影響あるのか・・・。
となると、アマゾンで売ることを第一に考えると、やはり1,500円に設定すべきなんでしょうね。
私が本を出すんだったら、やはり1,500円にします。
出すんだったら・・・・という話で、出る予定はまだありません。

■スポンサードリンク
■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク