変化への対応

8

国税庁が発表した平成19年度のe-TAX利用件数は577万件で
前年比5.7倍だそうです。
利用率は,17%。
目標を大きく上回ったとのことでした。
その目標とは,3%
なんとも言えませんが,前進したことは確かなようですね。
まあ,税理士業務にとって,e-TAX(電子申告)の推進が全てではないのは確かです。
しかし,こういった新しい変化(e-TAX自体はそれほど新しくありませんが)に
対応することは,その他の業務に対する姿勢にも関わってくるのではないでしょうか?
経済環境の変化,税制改正,IT化,その他のトレンド・・・
税理士として,変化への対応力は,
これからもっと求められるようになると思います。
いろいろ考えていかなきゃいけないです。

前の記事住民税の納付
次の記事仕事を頼む時の段取り
税理士 井ノ上 陽一
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『AI時代のひとり税理士』『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『新版 そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら