デジタルとアナログを使い分ける

昨日,お客様と会った時に,そのお客様が読んでいた雑誌に
ある企業が紹介されてました。
その企業は業績もすばらしいのですが,特筆すべきは納期のスピードということです。
その秘訣は,パソコンではなく,FAX中心の業務フロー
なんでもデジタルではなく,スピードを優先すると,手書きもできるFAXということです。
社内の写真もありましたが,デスクの上にパソコンはありません。
社長の業績管理も手書き。
ただ,入金や売上の管理はパソコンで行っているということです。
デジタルとアナログも使い分けることが業務の効率化の秘訣ということでしょうね。
私も基本デジタル中心ですが,手帳はやはりアナログだったりします。
他の物事も本当にデジタルの方が効率がいいのか検討してみる価値はありそうですね。

前の記事六本木ヒルズで
次の記事断ること
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『AI時代のひとり税理士』『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『新版 そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら