税理士がつくる会社

昨年の12月に税理士事務所と別に会社をつくりました。
税理士業務は、原則個人事業主として行います。
会社として行う(=税理士法人となる)には、2人以上の税理士が必要です。
現状私の場合、個人事業としての税理士業務しか行うことができません。
ですので、会社の方は、税理士業務以外の業務を行うものとなっています。
その会社の決算は今月6月です。

会社を作って、よかったと思う点はお客様と同じ立場に立てること。
決算を迎え、申告書を作成し、納税し、という一連の流れが体験できることは大きいです。
設立時には登記も体験できましたしね。
税務署などから一通り同じ資料が送られてきますし。
いわゆる法人であることのメリットも当然あります。

■スポンサードリンク

ただ、新規設立したときに税理士から来るというDMはなぜか来ないですね。
どんな物が送られてくるかちょっと楽しみにしてたのですが。
代表が税理士もやっていることは分からないだろうし・・・
合同会社だからかもしれません・・・。

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』