のれん分け

税理士として、よく聞かれることに
「前の税理士事務所から、お客さん連れてきたんですか?」
「やめるときに何件かもらえるんですか?」

という質問があります。
この質問の裏側には、
「まさか、お客さんゼロで始めるなんて無謀なことしてないよね?」
というものがあるのかもしれません・・・。
私の場合はまったくありませんでした。
特にのれん分けについても期待はしてませんでしたし。
業界的にも、結構前はあったみたいですが、
最近は聞かない気がします。
そういえば、2つめの税理士事務所のときに、
「10年勤務したら、お客さん持ってっていいよ」
「でも、どのお客さんかは、こっちで決めるけどね。」
といわれたことがあります。
「とてもじゃないが、10年もいないし・・・・。」
と思ってましたが。
そんなことを考えながら、事務所の今後の展開を
数字を見ながら、考えていました。
「数字的にもまだまだだ」と思うとともに、
0からここまで来ることができたことに感謝しています。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク