のれん分け

51

税理士として、よく聞かれることに
「前の税理士事務所から、お客さん連れてきたんですか?」
「やめるときに何件かもらえるんですか?」

という質問があります。
この質問の裏側には、
「まさか、お客さんゼロで始めるなんて無謀なことしてないよね?」
というものがあるのかもしれません・・・。
私の場合はまったくありませんでした。
特にのれん分けについても期待はしてませんでしたし。
業界的にも、結構前はあったみたいですが、
最近は聞かない気がします。
そういえば、2つめの税理士事務所のときに、
「10年勤務したら、お客さん持ってっていいよ」
「でも、どのお客さんかは、こっちで決めるけどね。」
といわれたことがあります。
「とてもじゃないが、10年もいないし・・・・。」
と思ってましたが。
そんなことを考えながら、事務所の今後の展開を
数字を見ながら、考えていました。
「数字的にもまだまだだ」と思うとともに、
0からここまで来ることができたことに感謝しています。

Spread the love
前の記事士業として目指す人
次の記事セミナー中のひらめき
税理士 井ノ上 陽一
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『AI時代のひとり税理士』『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『新版 そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら