税理士受験時代の8月から12月

今日で3日間の税理士試験が終了しました。
試験を受けた方は,お疲れ様でした。
受験時代はこのあと,どうしてたかという話です。
まず,各専門学校が出す解答速報を見て,
自己採点をします。
学校で集まってという形式もあったのですが,
だいたいネットで済ませます。
税理士試験は,解答が公表されません。
ですので,あくまで学校が作成した解答が
合否の可能性をさぐる手掛かりとなります。
合格してそうだったら,次の新しい科目を
そうでなかったら,受験した科目を
微妙だったら,新しい科目
といったいろいろなパターンがあります。
※5科目合格すると資格取得です。
また,解答だけでなく,配点も公表されません。
60点以上が合格とされていますが,
実質は上位10%程度が合格する競争試験です。
いつも受験時代の8月は唯一のオフ。
山に行ったり,海に行ったり,海外行ったりとする
わけではなく,地味~に過ごしてました。
人と会ったり,その年の試験の教材を整理したり・・・。
9月に入って次の年の授業が始まると,また勉強開始です。
税理士試験は8月に受験して,合格発表が12月中旬なので,
それまで4カ月も待たされます。
この4ヶ月は,次の試験までの期間(12か月)の1/3を占めますので,
この期間の過ごし方は,
税理士試験合格のポイントだと思います。
試験後から発表まではなんとなく落ち着かない日々です。
同じように過ごす方々がいるんだろうなぁと
いろんなことを思い出しました。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###