映画と原作

よかったなぁと思う映画は、
原作本を読むことが多いです。
先日のペイ・フォワードも。


■スポンサードリンク
■井ノ上陽一のプロフィール

ペイ・フォワード (角川文庫)/キャサリン・ライアン ハイド
¥680
Amazon.co.jp

読み終わりましたが、
映画と異なる部分も多く楽しめました。
原作の次はサントラも欲しくなります・・・。
順番として、
映画→原作
原作→映画
というパターンがあると思いますが、
前者の方が多い気がしますね。
映画の補足で原作を見るというスタンスで。
また原作で自分なりのイメージを作ると、
映画を見たときに違和感があることもありますしね。
漫画→アニメ
アニメ→漫画
も似たような感じでしょうか。


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』

■スポンサードリンク