読書観

昨日の夜、このセミナーに参加してきました。

第45回 紀伊國屋サザンセミナー

小宮一慶×勝間和代 スペシャル対談
「本のちから~本はあなたと社会を変える~」
社会人のための読書術、
Web時代における本の課題性と可能性
というテーマでした。
印象に残ったのは、次の3つ。
1 熟読と多読
  本により、読み方を変える
  部分部分を読む本はあるが、熟読する本は月に5冊。
  ただし、線を引いたり、参考文献を読んだりとかなり
  しっかり読む(小宮さん)
  月に100冊ほどの多読(勝間さん)
  →
  読書論で必ず出てくる論点で、
  私は多読派です。
  読んで見て、いいと思った本は熟読することもあります。
2 本は拡声器
  まとまった量の情報を
  多くの人に伝えたい、訴えたい場合には、
  本はWebよりかなり有効
  一方、学ぶ側(読む側)としても同様に有効  
  →
  これは確かに同感です。
  2,300ページの本をWebやPDFで読むのはつらいでしょうし。
  多くの人に伝えたいという意味で、
  やはり出版したいとは思っています。

3 読む本をどう選ぶか?
  書評を利用、しかるべき人のお薦めを読む、
  著者で選ぶといったお話でした。
  →
  私も著者でまとめ買いとかよくします。
  たまに、内容が似通っていることもありますが、
  視点が違うので、まあいいかなと。
  書評は、ブログの記事も含めて参考にしてます。
  本当におすすめしているかどうかの見極めが難しいですが。
  Amazonレビューはさらっと。
  
読書は、いろいろな方法がありますが、

自分なりに楽しめるものが見つかれば、それが一番いい方法だと思います。

■スポンサードリンク
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク