面接者の履歴書を返すかどうか

昨日、求人を出したお客様と話しているとき、
履歴書を必ず返す
という話題がありました。
そのお客様は、面接後、不採用となった方にも
文書と履歴書を
宅急便で必ず返送するそうです。
「正直大変だけど、礼儀としてずっとやってる」
ということでした。
よく「応募書類は返却しません」
というところが多い中、すばらしいと思います。
不採用というネガティブな感情が
ちょっとしたことで覆るのではないでしょうか。
私も以前1度だけそういうことがありました。
2つめの税理士事務所に転職するとき、
ある税理士事務所に応募しました。
私としては、印象がよかったので、
採用になればいいなぁと思ってましたが、
不採用でした。
その不採用の結果は、速達で
履歴書とともにいただきました。
しかも直筆の手紙付で。
理由としては、給与面で期待に応えられないと
いうことでしたけど、本当の理由は分かりません・・・。
まあ、その理由はともかくとして、
速達で書類を返送、手紙付というのは、
素直にうれしかったですね。
そういうところだからこそ働いてみたかったですけど・・・。
そのお客様もそうですが、
そういった対応・気配りは
仕事や社内の雰囲気にもいい影響を与えるのだと思います。


■スポンサードリンク
■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』

■スポンサードリンク