2年間の実務経験

携帯電話の端末変更を検討しているのですが、
購入方法には、
2年間=24ヶ月分割というコースがあります。
2年間って長いなぁと思っていると
思い出したが、税理士の実務経験の年数。
税理士になるには、税理士試験合格とともに
実務経験が2年間必要になります。
経験する実務は
税理士事務所の業務である必要ではなく、
決算に関わる業務、つまり企業での経理業務も
該当します。
税理士事務所や企業で
2年間勤務した証明をもらわなければいけません。
税理士事務所だとその証明を出してくれないケースも
あるようです・・・。
証明を出すと独立して辞める可能性も高まりますしね。
まあ、その証明くらい快く出す器量は欲しいものですが・・・。
この2年間は、複数の勤務先でも大丈夫です。
私の場合、
最初の事務所7ヶ月
2つめの事務所+1.4ヶ月
で合算して2.1ヶ月で申請しました。
2つめの事務所で税理士資格を取り、
いろいろ事情が変わったので、
辞めることになったからです。
タイミングとしては、
独立を考えてたわけではないので
申請はちょっと早いとも思いました。
しかし、
また次の職場で2年間というのも長すぎるし、
その次の職場が快く証明を出してくれるかどうか
分かりませんでしたので、申請したというわけです。
最初の事務所と2つめの事務所は証明を
すんなり出してくれそうだったのも理由ですね。
そのため、私は
2004年5月税理士登録
2007年8月開業
と登録から実際の開業まで3年ちょっとかかっています。

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』