日商簿記検定1級と簿記論

日商簿記検定は,
日本商工会議所が行っている簿記検定です。
1級から4級まであり,
1級は年2回,2級~4級は年3回試験がおこわなわれています。
前回は11月に行われていた簿記検定ですが,
1級に友人が合格しました。
すばらしいです。
実は私も1995年11月に簿記検定1級を1度だけ
受験しています。
結果は不合格でした・・・。
そのため,税理士受験をする勇気もなく,
別業種に進み,
税理士受験を始めたのは,その5年後となったわけです。
税理士試験としては,簿記論という科目があります。
簿記検定1級と簿記論の違いは次のとおりです。
Newtype税理士 井ノ上陽一のブログ|
1番大きいのは,
範囲の違いです。
簿記1級は,工業簿記と原価計算という科目があります。
(商業簿記の範囲も異なります。)
簿記論は,商業簿記のみですが,量も多くなります。
試験は,すべての問題を解くわけではなく,
決められた時間に
自分が解ける問題をすばやく解くことが求められます。
逆に言うと,難しい問題に時間をかけていると,
厳しいです。
また,相対的な評価ですので,
上位10数%が合格します。
採点の方法は明らかにはされていませんが,
上位10数%が60点くらいになるように,配点の調整が
行われているということです。
だから,みんなが正解している問題を間違えていたり,
みんなができていない問題を正解していたりしても
点数は伸びないとされています。
似ているようで異なる試験といえます。
勉強方法も変わってきますしね。
同じく簿記検定に合格された方,おめでとうございます!

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』