法定調書合計表の提出

昨日の夜に
法定調書合計表という書類
をすべて提出しました。
法定調書合計表とは,
前の記事で取り上げた支払調書を集計したものです。
この合計表には,
一定の基準に該当する源泉徴収票,
税理士等へ払った報酬や原稿料等の支払調書,
不動産の使用料の支払調書
を添付します。
要するに
1年間(2008年)に
会社が誰にいくら支払って,源泉所得税をいくら差し引いたかの
記録を税務署に提出するものです。
以前は,
控の返信用封筒を入れて,それぞれ税務署へ郵送
という流れでした。
合計表は一枚ですが,
支払調書は,場合によって数が多くなります。
これをすべてのお客様について行うので,
郵送だけで大変でした。
今は,
e-Taxで送付することができます。
データを入力し,
確認後,電子申告用のデータを作成します。
ここまでは各社ごとに処理をする必要がありますが,
その後は一括で処理することができます。
まず,税理士である私の電子署名を行い,
次に電子データを税務署に送信します。
送付する会社が何社あっても,
支払調書が何枚あっても
一括で送信することができます。
私の場合,お客様が100社あるわけでもありませんが,
それでもかなり効率的です。
この一括送信の際に
給与支払報告書(住民税のために住んでいる市区町村に提出するもの)
も同時に送信することができます。
ただし,給与支払報告書は,
一部e-Taxに対応していない市区町村があるため,
従来通り紙で提出しています。
意外にも東京都が対応していないのが残念です。
(墨田区のみ対応しています)
法定調書等と給与支払報告書は
1月末(今年は2/2)までに提出する必要がありますが,
こういったシステムの導入で効率化し,
時間を捻出することができることは
ありがたいです。
※参考記事
支払調書の仕組み


年末調整後の業務


スタートダッシュ~年末調整




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###