【考えたこと】人に教えられるもので人がおごってでも聞きたいと思うもの

先日,参加した本田直之さんのセミナーで
「人に教えられるものがあり,人がおごってでも聞きたいと思うもの,
それが強みです。」
というテーマがあり,
強みとは何か?
と常々考えていた私にとって,
ぱっと道が開けたような話でした。
教えるということは,
自分の知識や経験に関する情報を伝えるということだと思います。
昨日もそのような予定が2つ入っていました。
1つめはお客様と月次決算体制構築の打ち合わせ
新規契約していたただいたお客様で,
今後,お客様側で会計ソフト入力を行うということで,
その入力方法や注意点,月次決算の方向性を
お話ししています。
2つめは簿記勉強会
詳細は後ほど記事にしますが,
簿記の一連の流れを講義+ワークという構成で
決算を2期分,行いました。
この2つは,私自身が「教えられるもの」の一部です。
どちらも報酬をいただいていますので,
「おごってでも聞きたいもの」にも該当します。
月次決算も簿記も
私自身,いろいろ試行錯誤し,苦労しました。
今は,それなりのノウハウやテクニックがありますので,
他の方が同じ苦労をしなくてもいいように,
つまりショートカットしていただくために
情報を伝えています。
こういった教えられるものをいかに増やし,その質を高めていくことができるかと
考えると,日々のインプットや勉強がますます楽しくなります。
「人に教えられるもので,人がおごってでも聞きたいと思うもの」
を書き出してみるのはオススメです。

■スポンサードリンク
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク