捨てるか,保存するかの判断

お客様訪問時に資料の整理整頓を行うことがあります。
整理整頓のうち,重要なのは捨てること。
日々の業務で生じる資料のうち,捨てることができるものは多いです。
特に税務署や役所から送られてくる資料は,実はほとんど捨てることができますが,その判断基準が難しく,とりあえず保存しているというケースもあります。
税理士はそういった資料のうち,捨てるべきもの,保存しておくべきものが分かりますので,躊躇なく捨ててもらっています。
結構捨てることができるものです。
「こんなに捨てていいんですか?」と驚かれることも。
捨てるのはいいのですが,税務署等から送られてくる資料も,無料で作成,配布されているわけではないので,複雑な気持ちでもあります。
それでも税務署に申告する書類は,e-Taxが導入されてから事前に送られてくる数量自体は減っていますが。
昨日訪問したお客様とも整理整頓についての話をしていて,来月金庫内の整理整頓を行うことになりました。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###