面接時に聞く質問

税理士事務所や企業への就職,面接に関する相談を受けているのですが,その中で思い出したことがあります。
私は,この業界で4回転職していますが,
その面接時に必ず聞いていたことは,残業がどのくらいあるかということでした。
この質問をするのは,必ず定時で帰りたいからというわけではなく,時間管理に関する考え方を聞いておきたかったからです。
自分の時間管理のつたなさや仕事のスピードによる残業は当然やるべきものですが,慢性的な残業は避けたいと思っていました。
もちろん,税理士受験時代は,勉強時間を確保するという目的もあります。
受験生は,個人の確定申告や3月決算のボリュームは確認すべきです。
資格取得後は,質問の仕方を少し変えました。
面接前後1ヶ月のスケジュールを質問する流れで,どのくらいの残業量があるかを確認しています。
そもそも残業について詳しく書いてあるところしか応募していませんでした。
書いていないところは,残業があるんだろうなぁと思っていましたので・・・。
都合の悪い点は隠したがるものです汗


■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』