小説

2009-6-21 2nd
今日は父の日ですが,宮崎にいる父がこちらに来ていたので,会いに行きました。
といっても,妹の家(小田急線百合ヶ丘)でしたので,甥っ子と会うことも兼ねています。
本好きの父へは,小説版の「天使の悪魔」を上中下セットで贈りました。
かなりの本好きで,家にも大量の本があり,昔から本を読んでいる姿を見ています。
私の近年の読書は,この血筋かもしれません。
といっても,2年前の今頃はまったく本を読んでいませんでしたが・・・。
読んでいる本は,小説が多いようです。
今日話したところ,やはり司馬遼太郎などがオススメとのこと。
私の場合,まだまだ小説を読む量は少ないです。
ビジネス書メインで読む余裕がまだないというのが実情ですね。
最近読んだ小説と言えば,これです。

お金と正義(上) (PHP文庫)/神田 昌典
¥650
Amazon.co.jp
お金と正義(下) (PHP文庫)/神田 昌典
¥650
Amazon.co.jp

まあ,著者からしてビジネス書ともいえますが・・・。
小説がフォトリーディング向けでないことも理由の1つかもしれません。
ここ数年はビジネス書メインになるでしょうね。


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』

■スポンサードリンク